ガジェット

【AfterShokz Aeropex★実機レビュー】軽量・骨伝導ヘッドフォンのメリットとは。

2020年1月12日

概要

最新型の骨伝導ヘッドフォン、AfterShokz Aeropexの実機をレビューします。
骨伝導ヘッドフォンは初めて使ったのですが、それほど激しいスポーツはしない私が感じたメリットもありました。
実機はAfterShokz様からご提供いただきました。

AfterShokz Aeropexのスペック

品番:AS800
スピーカータイプ:骨伝導変換器
周波数特性:20Hz~20KHz
感度:105 ± 3dB
マイク特性:-38dB ± 3dB
対応プロファイル:A2DP, AVRCP, HSP, HFP
充電電圧:5.25 V
スピーカーインピダンス:8.5hm ± 20%
Wireless range:33 ft (10m)
周波数帯域:2402MHz~2480MHz
電池:リチウムポリマーバッテリー
バッテリー駆動時間:最大8時間
待機時間:最大10日
充電時間:2 時間
重量:26 g
保証期間:2年間
防水規格:IP67
バッテリー容量:145 mAh
最大RF出力0dBm
Bluetooth®  VersionBluetooth® v5.0

骨伝導ヘッドフォンのしくみと特徴

音の振動が空気の振動として鼓膜に伝わって音として感じる気導音に対して、音の振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わって音として感じる骨導音があります。
骨伝導ヘッドフォンはこの骨導音の仕組みを使った、耳をふさがないで頭蓋骨から音を伝えるヘッドフォンです。

骨伝導ヘッドフォンの最大の特徴は耳を塞がないこと。
つまり音楽やポッドキャストを楽しんでいる間でも、周囲の音に気を配ることができるので、他の人と会話したり、なにかが起こった時にすぐに気づくことができます。

使う前の準備

開封 贅沢な箱ですよ

AfterShokz Aeropexの梱包はしっかりとした、高級感あるものです。
箱の開け締めはマグネット式になっていて、最初知らないと戸惑います。
それも結構しっかり目についているので開ける時に少し力がはいりました。

内容物

パッケージに入っているのは、

AfterShokz Aeropex Bluetoothヘッドフォン
マグネット充電ケーブル が2本
シリコンゴムの収納ポーチ
イヤープラグ(耳栓) 
ユーザーガイド(日本語対応)
保証書(2年保証)

です。マグネット充電ケーブル が2本入っているのはポイント高いですよね。
またシリコンゴムの収納ポーチはマグネット式で開け締めするもの。ユーザーガイドは日本語対応で安心です。

技適は?ちゃんと取得してます

ちゃんと技適マークも確認しました

重さを測る やっぱり軽い

実際に重さを測ってみたところ、スペックより少し軽い25.5グラムとでました。軽いに越したことはないですがまあこれは誤差の範囲ですね。

充電する-カチッとハマるコネクターが気持ちいい

充電は右耳の方にあるマグネット式のコネクターに専用の充電ケーブルで充電します。
カチッと気持ちよくマグネットがハマって、充電中は赤いLEDが、充電完了すると青く変わります。また充電ケーブルが2本入っているのでなくしたり壊したりした時安心です。

ペアリングは簡単 一瞬で終わる

アンドロイド端末でペアリング

ペアリングは簡単。
ペアリングしたい端末のブルートゥースを有効にして電源を入れて、設定のブルートゥースを見ると Aeropex by AfterShokzが出ているはず。
それをタップしてペアリングすれば完了です。完了する時にガイダンスの音声(オードリーというらしい)が接続しました、と伝えてくれます。

iPadでも問題なくペアリング

通りがかり
あとは装着して聞くだけ

使い方は簡単

操作はヘッドフォンについてるA(マルチボタン)、B(電源/音量アップボタン)、C(音量ダウンボタン)を使います。
A(マルチボタン)は音楽再生やスキップ、通話などに使います。
B(電源/音量アップボタン)、C(音量ダウンボタン)は電源のオンオフや音量などの調整に使います。
詳細は日本語のガイドに掲載されています。

実際に使ってみる

装着も簡単 小さい。軽い。

装着はこんな感じ。
もっときつく締め付けられるかと思ったのですがそんなことはなく、軽くフィットしています。
また激しいスポーツをしても落ちたりはしないだろうという安心感もありますね。 AfterShokz Aeropexは従来モデル(AfterShokz AIR)よりも30%の小型化と13%の軽量化を実現したとのこと。
2時間位つけていましたが、疲れは感じませんでした。振動部分が頭蓋骨に接触しているため長時間使ってみると頭が痛くなったり、振動でこそばかったりしないか、と思ったんですが、ぜんぜん大丈夫でした。

音質はわるくない

Amazon Prime MusicYoutubeなどで音楽や動画などを見てみましたが、想像以上にいい音がして少し驚きました。
骨伝導の音はこもっていたり小さいんだろうと想像していましたが、ボリュームを最大にするとうるさすぎるほど聴こえます。骨の振動で感じる音を鼓膜で感じる音に近づけるノウハウが有るのかもしれません。(AfterShokzのアメリカのサイトを見てみると300の特許をとっているようです。)
妻にもつけて聴いてもらいましたが、普通のヘッドフォンとの違いがわからないようでした。

音漏れを50%カット

自分の頭蓋骨に伝わった振動が外に音波として漏れ出る、なんてことを想像していましたが、杞憂でした。
公式には従来機種から50%音漏れを減少させたとしています。ただ、全く音漏れしないわけではないので周りに人がいるような状況では配慮したほうが良さそうです。

通りがかり
まあ、これは骨伝導に限らずマナーとして。

防水防塵性能 IP67

AfterShokz Aeropexは防水防塵にも対応していて、汗や水から本体を保護しています。
Aeropexはハードに汗を掻くスポーツでも大丈夫ということです。
充電ポートがむき出し状態なのがちょっと怖いですが、Aeropexには水分を感知するセンサーを搭載しており、もし汗が充電ポートに溜まっている場合、アラームで通知するようです。使ったあとはよく拭いたほうが安心ですね。

8時間の長持ちバッテリー

バッテリーは連続再生8時間が可能です。8時間もてば、まあ一日外出時に持っていって、帰ったらなくなってるというレベルかな。十分なレベルですよね。

私の感じたメリットは?

AfterShokz Aeropexの一番の特徴はやはり耳をふさがないこと。
これは周りの音も聞こえる、ということです。普通のTWSをして外出する時感じるのは、周りの音が聞こえない恐怖です。特に最近のものはノイズキャンセリング機能が向上していてほとんど周りの音が聞こえない、ということもあります。もちろん、それは状況によってメリットも有るのですが、人がたくさんいるような場所に行くと、少なくとも私は周りの音が聞こえないのはかなり怖いなと感じます。また交通手段が急に事故やトラブルで遅延した場合など、アナウンスを聞き逃してしまって出遅れる、なんてこともありそうです。

そういう意味ではAeropexの周りの音が聞こえることは最大のメリットだと感じました。
音質に拘って音楽にふける、という状況はまた違うヘッドフォンを使って、外出時に周りの状況がわかる骨伝導ヘッドフォンを使う、という使い分けするのも良いかもしれません。
例えば通勤時に英会話やニュースなどの教材やポッドキャストを聞く時に使う、などスポーツシーン以外でも便利に使えるなあ、と思いました。
もちろん、この商品のコンセプトにあるスポーツシーンでの使用には最適でしょう。

総合評価

Product:AfterShokz Aeropex
Ratings:4.0/5
コストパフォーマンス: 性能: デザイン:

Brand:AfterShokz

Price:¥18,180
音質は悪くない。そして音質より大事なこともある。

購入する

日本国内では18,180円(税別)、税込みで19,998円となっています。

Amazon

AfterShokz 直販サイト

まとめ

初めて骨伝導ヘッドフォンを使いました。
先入観として音が悪い(こもってる)、振動で頭が痛くなる、などネガティブな印象がありましたが、実際に使ってみたらそんなことはなく、ちょっと驚きました。価格が税込みで2万円弱と少し高めですが、周りの音も聞きながらヘッドフォンの音も聞こえるというメリットを評価できる人にはおすすめです。
通りがかり
こちらからは以上です。

クーポンまとめに誘導

関連広告

記事タイトル下



投稿記事上リンク広告




  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ガジェット
-,

Copyright© ガジェット23(gad23.com) , 2020 All Rights Reserved.