ガジェット

【AfterShokz★骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用実機レビュー】親に贈りたいペアリング済み骨伝導ヘッドフォン。

概要

以前、最新型の骨伝導ヘッドフォン、AfterShokz Aeropexの実機をレビューしましたが、今回は事前にペアリング済みで使うハードルが下がった「骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」を実機レビューします。
実機はAfterShokz様からご提供いただきました。
【AfterShokz Aeropex★実機レビュー】軽量・骨伝導ヘッドフォンのメリットとは。

製品スペック

品番:AS801
スピーカータイプ:骨伝導変換器
周波数特性:20Hz~20KHz
感度:105 ± 3dB
マイク特性:-38dB ± 3dB
対応プロファイル:aptX, A2DP, AVRCP, HSP, HFP
充電電圧:5.25 V
スピーカーインピダンス:8.5hm ± 20%
Wireless range:33 ft (10m)
周波数帯域:2402MHz~2480MHz
電池:リチウムポリマーバッテリー
バッテリー駆動時間:最大8時間
待機時間:最大10日
充電時間:2 時間
重量:26 g
保証期間:2年間
防水規格:IP67
バッテリー容量:145 mAh
最大RF出力0dBm
Bluetooth VersionBluetooth v5.0

骨伝導ヘッドフォンのしくみと特徴

音の振動が空気の振動として鼓膜に伝わって音として感じる気導音に対して、音の振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わって音として感じる骨導音があります。
骨伝導ヘッドフォンはこの骨導音の仕組みを使った、耳をふさがないで頭蓋骨から音を伝えるヘッドフォンです。

骨伝導ヘッドフォンの最大の特徴は耳を塞がないこと。
つまり音楽やポッドキャストを楽しんでいる間でも、周囲の音に気を配ることができるので、他の人と会話したり、なにかが起こった時にすぐに気づくことができます。

難聴で音が聞きづらい人向けの補聴器などにも骨伝導ヘッドフォンの技術は活用されているようです。

開封する

箱は結構立派で高級感あります。
箱には「骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」の文字があります。
開封すると中には

・AS801
・トランスミッター
・マグネット充電ケーブル
・シリコーンゴムの収納袋
・イヤープラグ(耳栓)
・イヤホンユーザガイド
・トランスミッターユーザガイド
・ Micro USB充電用ケーブル
・ オプティカルオーディオ(光デジタル端子)ケーブル
・ Aux 3.5mm オーディオケーブル
・ Aux 3.5mm - RCA オーディオケーブル
・ 保証書 (2年保証)
・ ハガキ(製品フィードバック用)

が入っています。

とても軽い

重さはスペック通りの26グラム。とっても軽いです。

技適は?ちゃんと取得済み

技適も取得済み。抜かりありません。

充電する

カチッとハマるコネクターで充電します。赤いLEDが青になると満充電ということです。

テレビに繋げる

トランスミッター

テレビの接続側

ガジェット兄さん
テレビの接続がごちゃごちゃしててすみません。USBと3.5mmイヤフォンジャックに繋げています。
ケーブルがたくさん入っているので厄介かな、と思われるかもしれませんが、接続自体は単純な話です。
要はトランスミッターに電源と音を送ってやればいい、ということです。

①電源は付属のUSBで給電します。大概のテレビにはUSB端子がついているので付属のUSBケーブルを繋いでトランスミッターに繋げます。
②音はテレビのイヤフォンジャックから付属のAux 3.5mm オーディオケーブルを繋げます。

①は何に繋げるときも同様で、もし繋げたい機器のUSBがふさがっているときは他からUSB給電すればいいです。
②は繋げる機器のサウンドのアウトプット環境に合わせて付属のケーブルを変えて使って下さい。ケーブルには他にも
・ オプティカルオーディオ(光デジタル端子)ケーブル
・ Aux 3.5mm - RCA オーディオケーブル
があります。

これでセッティングは終わり。
後はトランスミッターとイヤフォンの電源を入れるとイヤフォンから女性の声で
「アフターショックへようこそ。バッテリーは充電されています。接続しました。」
と聞こえ続いてテレビの音が聞こえてくるはずです。
事前にペアリング済みなので簡単です。

操作方法

操作は
A.マルチファンクションボタン
B.音量+/電源ボタン
C.音量-ボタン
を使います。

マルチファンクションボタン

音量/電源ボタン

電源ボタンを長押しでイヤフォンの電源のオンオフが出来ます。
音量ボタンで音量のアップダウンが出来ます。
また音量の調節はトランスミッター側の+/-ボタンでも可能です。

詳細は付属仕様に記載されていますが↑上のことを覚えていれば大概のことは困りません。

装着する

装着はこんな感じ。
以前試した骨伝導イヤフォンAfterShokz Aeropexと同じで軽くフィットします。
基本テレビを見る用ということですが圧迫感もなく2~3時間つけていても平気です。

音質、音ずれ、音漏れは?

音質に関しては、我が家のテレビは5.1チャンネルになっていて、もちろんそちらのほうが映画などの臨場感なり、音質なりは優れているのは明らかですが、このイヤフォンの用途としてはそこではないのでしょう。 気がついたのは骨伝導イヤフォンをつけると言葉が聞き取りやすくなることです。 

音ずれに関してはAPTXに対応してるためほとんど気にならないレベルです。

音漏れも(ほぼ)同時にテレビから同じ音声が出ているので気になりません。

誰に使ってもらいたいか

両親

このイヤフォンを使っていて思い出したのは実家の両親のことです。
私は実家から独立しているため、帰省するのは正月くらいです。たまに会うと親が老けていく事がわかります。 そして実家のテレビの音量がだんだん大きくなって私にはとてもうるさいのです。
「テレビが何言っているかわからない」
耳がだんだん聞こえにくくなってきているようです。

この商品のパッケージには白髪の初老の男性がフィーチャーされています。
恐らくこの商品は初老、あるいは何らかの障害で耳が聞こえにくくなってきている人向けなのでしょう。 家族でテレビを見るとき若いものはテレビからの音声で、聞こえにくい人はこのイヤフォンで聞くことでテレビうるさい問題も解決するのではないでしょうか? 両耳は開いているので家族での話もできますよね。

子供がまだ小さい若いお母さん(お父さん)

せっかく子供を寝かしつけても、テレビの音で起こしては台無し、みたいなシチュエーション、ありそうですよね。
そんな時、比較的音漏れも小さいこのイヤフォンを使えば解決しそうな気がしました。 普通のイヤフォンと違い、子供が泣いたりぐずったりしても、両耳が開いているので変化にも気づきやすそうです。
ガジェット兄さん
もちろん誰が使ってもokですよ。

総合評価

Product:骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用
Ratings:4.0/5
コストパフォーマンス: 性能: デザイン:

Brand:AfterShokz

Price:¥23,880

購入する

日本国内では23,880円(税別)となっています。

Amazon

AfterShokz 直販サイト

まとめ

以前レビューした骨伝導イヤフォンよりも使い方を絞ってきた本製品ですが、ペアリングが事前に済まされている点で、技術的な知識が少ない人でも簡単に使えるようになっています。 また、トランスミッターにもう一台のイヤフォンを繋げたり、イヤフォンをスマホにペアリングする事もできるようです。 イヤフォンで良い音を聴く、というより音に関する悩み・問題を解決する、といった商品のような気がします。そこがこの商品の存在価値でしょう。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST3

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
エリア外でもそこそこ使えるはず。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高。中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。



関連広告

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ガジェット
-

© 2020 ガジェット23(gad23.com)