ニュース

2018年にはフルスクリーンスマホの出荷率が40%に達する。日本はどうか?

2018年3月7日

Digitimesによると

Digitimesによると2018年に出荷されるスマートフォンはフルスクリーンスマホが40%に達するとしています。

中国をベースにするリサーチ会社であるAll View Cloud(AVC)によると、スマートフォンのフルスクリーンディスプレイの採用は、2018年にはフラッグシップモデルからミドルレンジ、そしてエントリーレベルのモデルにまで拡大し、フルスクリーンスマートフォンの比率は世界のスマートフォンのパネル出荷台数の40%を超える見込みです。

2018年に主要なスマートフォンベンダーがリリースしたフラッグシップモデルのほとんどすべてが、6インチ以上のサイズでフルスクリーンディスプレイを搭載しており、2018年の平均スマートフォンディスプレイサイズは5.6インチに達するとAVCは報告しています。

サムスンディスプレイは、出荷台数が1億3600万台(世界出荷台数の64.6%)に達し、2017年にフルスクリーンディスプレイの最大ベンダーでした。AVCのデータによるとTianma Micro-electronics(天馬微電子、中国のディスプレイメーカー)の出荷台数は2300万台で、AU Optronics (AUオプトロニクス、AUO:台湾のディスプレイメーカー)の出荷台数は1300万台で3番目となっています。

技術別にみると、フルスクリーンAMOLED端末パネルの出荷台数は2017年に139百万台となり普及率は35.3%に達しました。フルスクリーンLTPS端末の出荷台数は4,610万台(6.7%)で、フルスクリーンa-Siモデルの出荷台数は2480万台(2.8%)でした。

2017年に出荷されたフルスクリーンディスプレイのなかでは、5.xインチおよび6.xインチがそれぞれ69.2%および20.8%となり最も利用されたフルスクリーンサイズです。
その中では5.7インチ、5.8インチ、5.99インチ、6.01インチおよび6.2インチのディスプレイが主なサイズとなっているとAVCは報告しています。

source

通りがかり
フルスクリーンの定義がわからないけど、18:9とかそういうことでしょうね。

日本の現状は?

日本の事情はどうかと思ってドコモのサイトを見てみたんですけどまだまだ16:9のディスプレイが多いですね。
上の画像は2018年の新着スマホの広告ですけどフルスクリーンスマホはSamsungとLGの端末だけでした。
ディズニーモバイルの端末もLG製ですし、やっとSONYMWC2018で18:9のディスプレイを採用したXperiaを発表しています。
ガジェット兄さん
ちょっと世界のスピードやトレンドからはかなり遅れている気がしますよね。全体的に野暮ったく見えてくる。

まとめ

通りがかり
まあ、日本はiPhoneが強いからという側面もあるんでしょうけどね。もうちょっと頑張って欲しいと思うよね。
Khan
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST5

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
夏のスマホ大特価キャンペーンでOPPO A5 2020の場合、実質タダ以下。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

BIGLOBEモバイル

ガジェット兄さん
対象端末とセットで契約すると14,500円相当ポイント還元。Redmi Note 9Sが実質8,060円はかなり安い。

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最新クーポン&セールまとめ

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)