ニュース

【Coolpad Cool 2】帰ってきたCoolpadのスマートフォンは18:9のHD+ ディスプレイとデュアルカメラ搭載のエントリーモデル。

2018年4月28日

概要

CoolpadLeEcoと一緒に2016年8月にCoolpad Cool 1をリリースしていますが、LeEcoの事業が頓挫しているためしばらく音沙汰がありませんでした。しかし酷派集团(Coolpadグループ)の取締役副会長である蒋超氏が中国のSNS「微博(Weibo)」に新しいスマートフォンのティーザーをポストしました。
【LeEco Le X】評判下がりっぱなしのLeEcoは18:9のフルスクリーンスマホで起死回生なるか?無理か?
通りがかり
↑LeEcoの顛末に関しては以前に記事にしましたよ。

ポストされた内容

「给你好看」とは「あなたをよく見せる」というような意味です。恐らく自撮りやポートレート撮影に最適化されているんだろうと予想されます。

Source

おもなスペック

ポストされた画像を見てみるとある程度のスペックが書かれています。中国語なのでよくわかりませんがGizmochinaの記事によると

  • 生活防水対応
  • 4GB RAM + 64 GB ROM
  • MediaTek MT6750 64ビットオクタコア
  • Android 7.0
  • 5.7インチ HD+(1440 x 720)ディスプレイ
  • サイズ 154.7 x 73.3 x 9.0mm 160g
  • バッテリー 3,200mAh
  • リアカメラ 13MP+0.3MP デュアルカメラ
  • フロントカメラ 8MP
  • デュアルSIMサポート、4G VoLTE、Wi-Fi、microUSB 2.0、3.5mmオーディオジャック

といったスペックのようです。またリアカメラはデュアルカメラを使って背景ボケ効果のある写真を撮影できたり、フロントカメラはAIを使ったポートレート撮影が可能としています。またフロントカメラは顔認証にも使われます。カラーはブルーとブラックの2色が少なくとも用意されているようです。価格や発売時期についてはわかりません。

Source

通りがかり
MT6750は結構エントリー向けのイメージがあるので実際のパフォーマンスがどれくらいかは今の所わかりません。

まとめ

デザイン的には今のトレンドである18:9でディスプレイを搭載したオーソドックスなものです。スペックを見た時にMT6750、HD+、microUSBと言ったワードを見るとかなりエントリーモデルよりのようです。正直あまり魅力的とは思えません。価格を抑えないと他社のスマートフォンと戦うのは厳しいでしょう。

この記事によると「中国の携帯電話出荷量は2013年以来の最低水準に落ち込んでいる」ようで、このような市場環境の中でCoolpadが投入するCoolpad Cool 2は果たして受け入れられるのでしょうか?
通りがかり
そんなに気にしてないくせに。
Khan
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST5

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
夏のスマホ大特価キャンペーンでOPPO A5 2020の場合、実質タダ以下。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

BIGLOBEモバイル

ガジェット兄さん
対象端末とセットで契約すると14,500円相当ポイント還元。Redmi Note 9Sが実質8,060円はかなり安い。

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最新クーポン&セールまとめ

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)