スマートフォン

妻にHomTom HT3 Proを買った話

2017年5月21日

半年ほど前に妻がそろそろスマホにしたいと言い出した時に最初に買ったスマートフォンがHomTom HT3 Proです。

彼女のスマホに求めること

  • メールとLINEとブラウザが使えればいい
  • カワイイのが良い

ぐらいです。あまりこだわりはない方です。
そこで私が選んだのがHomTom HT3 Proのオレンジです。

HomTom HT3 Proのスペック

ディスプレイ: 5.0 inch 1280 x 720 HD Screen
CPU: MTK6735 64bit Quad Core
GPU: Mali-T720
OS: Android 5.1
RAM + ROM: 2GB RAM + 16GB ROM. TF card up to 64GB
カメラa: Back camera 8.0MP ( SW 13.0MP ) with flashlight and auto focus + front camera 2.0MP ( SW 5.0MP )
SIM Card: Dual SIM dual standby, dual Micro SIM cards
ネットワーク:
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE: 800/1800/2100/2600MHz


antutuでも2万点台とあまり良くはないです。ですが1万円程度です。なかなかのせめぎあいでしたがGearbestでポチりました。

スポンサーリンク

決め手はこの安っぽいデザイン

画像で見ると結構可愛く見えてきます。
実際に手にするとやはりいい意味で安っぽくてオモチャのよう。
こういうキッチュさが個人的には好きなんですよね。
電話もアプリもちゃんと動いてました。
ただやはり少しもっさりしてました。
SIMは裏蓋を外すタイプで、絶対防水なんて出来ません!と訴えかけてきます。

妻は最初はカワイイと言っていましたが1ヶ月位で遅いからなんとかしてくれと言い出しましたよ。

まとめ

やはりあまりにもチャッチイものはリスクが高いです。
中華スマホと言えども最近はあまりここまでチャッチイものはありませんがECサイトで買う時は写真でしか判断できませんからなかなかリスクはありますね。
ヘンテコなデザインとかスペックが好きな人は要注意です。
基本的にAntutuが20000点台だとやめたほうが良いかな、せめて35000点くらいはないときつそうです。
お子さんとかが使う最初のスマホだったら良いかもしれませんが。

でもまたヘンテコなスマートフォンとかが出てきたら買っちゃいそうな気がします。

病気だ病気。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST3

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
エリア外でもそこそこ使えるはず。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高。中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。



関連広告

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-スマートフォン
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)