ニュース

【一行ニュース📰2019年9月10日】OPPOがReno2を発表ついでに来月新商品リリース予告。そしてOnePlusもスマートTVだすって。

概要

おもに中華スマートフォンの関連のニュースを簡単に紹介していきます。

📰スマートフォン&ガジェットニュース

OPPO Reno2

9月10日、OPPOは上海でOPPO Reno2OPPOの最初のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドセットOPPO Enco Q1を発表した。
OPPO Reno2は48MP、クアッドカメラ、Ultra Steadyビデオスーパーアンチシェイク機能、Snapdragon 730Gを搭載。価格は8GB/128GBが2999元(約421ドル)。

OPPO Reno Ace

OPPO新製品発表会の最後にOPPOは新しいRenoシリーズOPPO Reno Aceが来月リリースされることを明らかにした。
90Hzのリフレッシュレートを持つディスプレイと50W高速充電を備えるという。

Redmi TV

9月10日の10:00(中国時間)にRedmi TVの発売開始。開始価格はわずか3399元(約478ドル/51,259円)。

OnePlus TV

OnePlusのCEO、Pete Lauが公式TwitterにOnePlusTVスマートテレビのティーザー画像を投稿。
インドでは4K55インチ、他の市場では75インチの大画面が投入される可能性がある。量子ドットディスプレイが搭載され、OLEDパネルよりもはるかに優れた色精度である。

Redmi 8 / Redmi 8A

Redmi 8Redmi 8Aはタイで認証を取得しており、まもなく発売されるようだ。使用詳細は不明。

中の人より

スマートフォンの市場が縮小してきていると言われている中で、スマートフォンメーカーが揃ってスマートTVに力を入れてきている気がします。
Xiaomi(Redmi)がコストパフォーマンス勝負ならOnePlusは高級路線かもしれません。それぞれ戦略に個性が出ていますね。
日本ではそういう動きがあまりメーカーから聞こえてきませんね。
Redmi 8Redmi 8Aはエントリーモデルで、タイのような新興国から先に販売開始するんでしょうかね。
Chris
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST4

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-ニュース

© 2020 ガジェット23(gad23.com)