ニュース

OnePlus 8とOnePlus 8 Proが正式にリリース。どっちもお高いけど、どこが違うの?

2020年4月15日

概要

中国のハイエンド向けスマホメーカーOnePlusが2020年4月14日(日本時間の15日0時)に新しいスマートフォンであるOnePlus 8 OnePlus 8 Proをオンラインで正式に発表しました。その違いを簡単に紹介します。

外観

外観で気づくことはOnePlus 8OnePlus 8 Proは共通して口径はわずか3.8mmのパンチホールディスプレイを採用していることです。
これは7 Pro、7T Proで採用していたポップアップカメラをやめてしまったということです。この点は少し残念な気もします。

また、ディスプレイのエッジは丸くウォーターフォールディスプレイのようになっています。この点も好き嫌いが分かれる点ですが最近のトレンドではありますよね。

OnePlus 8

OnePlus 8 Pro

背面はカメラの仕様によって見た目が変わっています。

OnePlus 8はトリプルカメラが背面中央に並ぶように配置されています。カラーはGlacial Green、Interstellar Glow、Onyx Blackが用意されています。

OnePlus 8 Proはクアッドカメラ仕様で3つ並んだカメラの左横にもう一つマクロレンズが配置されています。カラーはGlacial Green、Ultramarine Blue、Onyx Blackが用意されています。

ディスプレイのサイズやバッテリーの容量の違いなどからサイズと重量も異なり
OnePlus 8は   サイズが160.2 x 72.9 x 8 mm    重量が180g 
OnePlus 8 Proは サイズが165.3 x 74.4 x 8.5 mm  重量が199 g 
となっています。結構違いますね。

プロセッサー

どちらのスマートフォンにも、QualcommのX55を搭載したSnapdragon 865が採用されており5G通信をサポートしています。
またどちらのROMも UFS 3.0(3.1ではない)ををサポートしています。
RAMに関してはOnePlus 8はLPDDR4X、OnePlus 8 ProはLPDDR5と差別化しているようです。

ディスプレイ

ディスプレイはどちらもAMOLEDですが解像度やサイズ、リフレッシュレートの点などでOnePlus 8OnePlus 8 Proには相違点があります。

OnePlus 8のディスプレイ

OnePlus 8のディスプレイは6.55インチで、FHD+(2400 x 1080)、90Hzのリフレッシュレート、1100 nitのピーク輝度、HDR10 +といったスペックになっています。

OnePlus 8 Proのディスプレイ

OnePlus 8 Proのディスプレイは6.78インチと大きく、解像度はQHD+(3168 x 1440)あります。120Hzの高速リフレッシュレート、タッチサンプリングレートは240H、1300 nitのピーク輝度、HDR10 +といったスペックで無印の8よりハイスペックとなっています。
通りがかり
OnePlus 8でも十分ハイスペックですけどね。

カメラ

OnePlus 8のリアカメラは48MP(IMX586 Sonyセンサー)メインカメラ+16MP超広角カメラ16MP超広角カメラ+2MPマクロカメラのトリプルカメラ仕様になっています。マクロは3cmまで寄れるとしています。フロントカメラはシングルで16MPのSony IMX471センサーを採用しています。

OnePlus 8 Proのリアカメラは48MP(IMX689 Sonyセンサー)メインカメラ+48 MP(IMX586 Sonyセンサー)120度超広角/3cmマクロカメラ+8MP望遠カメラ+5MPカラーフィルターセンサーのクアッドカメラ仕様です。フロントカメラはシングルで無印と同様の16MPのSony IMX471センサーを採用しています。

バッテリー

OnePlus 8には、4300mAhバッテリーが搭載。独自の高速充電機能であるWARP CHARGE 30に対応。22分でバッテリーの50%を充電可能です。

OnePlus 8 Pro4510 mAhのバッテリーを搭載。独自の高速無線充電Warp Charge 30 Wirelessは半時間で50%充電可能。またWarp Charge 30Tでは23分でバッテリーの50%を充電可能としています。

価格

OnePlus 8の価格は 以下のようになっています。
8GB RAM + 128GB ROM  699ドル (約74,853円)
12GB RAM + 256GB ROM  799ドル (約85,561円)

OnePlus 8 Proの価格は 以下のようになっています。
8GB RAM + 128GB ROM  899ドル (約96,281円)
12GB RAM + 256GB ROM  999ドル (約106,991円)

購入する

Banggood

Picture/
画像
Product/
商品
Price/
価格($)
Coupon/
クーポン
Term(y/m/d)/
期限
banggoodクーポンB19対応OnePlus 8 Pro 5G
12GB RAM 256GB ROM
$940.00BGJP8P2
BGOP8P12 
soon
banggoodクーポンB19対応OnePlus 8 Pro 5G
8GB RAM 128GB ROM

$849.00BGJP8P1
BGOP8P8 

soon
banggoodクーポンB19対応OnePlus 8 5G
12GB RAM 256GB ROM

$679.99BGOP8256
 
banggoodクーポンB19対応OnePlus 8 5G
8GB RAM 128GB ROM

$589.00 BGOP8128
BGOP88P0
BGOP8G

 

Gearbest

Picture/
画像
Product/
商品
Price/
価格($)
Coupon/
クーポン
Term(y/m/d)/
期限
gearbestクーポンB19対応OnePlus 8 Pro  coming soon
gearbestクーポンB19対応OnePlus 8
12GB RAM 256GB ROM
$769.999RNJ324UM8  
gearbestクーポンB19対応OnePlus 8
8GB RAM 128GB ROM
$669.99ALHKU7PJH6  

AliExpress

アマゾン

まとめ

結構、詰め込んでますね。
最近の傾向でもありますが5Gが始まったばかり、ということもありハイエンドスマホは部品単価が高いためか一昔に比べてお高く感じてしまいますね。もうすこし5Gが普及してこなれてきたら価格ももう少し落ち着きそうな気がするのですが、、
ただまたなんか新しい機能を足して付加価値を上げて高値を維持していくのかもしれませんね。

デザイン的にはあまり無印とプロの差がなくてつまらないですねちょっとがっかり。
個人的には7Tの無印の背面カメラのデザインが好みなんですが。

そういえばOnePlus 8 Liteなんてのが出るとの噂もありましたがガセだったんでしょうか?

通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST3

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
エリア外でもそこそこ使えるはず。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高。中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。



関連広告

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-, ,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)