ニュース

Redmi K30の生写真がリーク。Redmiはアンダーディスプレイのカメラも「努力中」

概要

2019年の12月にリリースされると言われているXiaomiのサブブランド、Redmiの新しいスマートフォンRedmi K30の生写真がリークされました。また、Redmiのトップである卢伟冰氏はアンダーディスプレイのカメラについても言及したようです。

リークされた画像

SOURCE

またこの画像のリークに対してインドのITメディアgizmochina.comは
最初の画像ではディスプレイのデザインを確認できません。
これは、スマートフォンのケースに入っているためです。デュアルセルフィーカメラを収容するパンチホールがちゃんと見えます。パンチホールは最初の数週間は目立つと思いますが、間違いなくそれに慣れるでしょう。 写真が端末の詳細を示しているのは、システム情報アプリAIDA64が実行中に撮影されたおかげです。 ここからわかることはRedmi K30には、解像度1080 x 2400の6.66インチディスプレイが搭載されています。また正確なプロセッサは不明ですが、GPUはAdreno 618 であるため、Qualcomm SoCであることがわかります。これは、Snapdragon 730およびSnapdragon 730GのGPUであり、QualcommがSM7250でも使用しているようです。 この最初の画像で明らかになった重要な情報の1つは、デバイスのリフレッシュレートが120Hzであることです。Xiaomiは、リフレッシュレートの高いディスプレイの採用に関しては遅れていましたが90Hzにとどまらず120Hzで進んでいます。

次の画像は、ユーザーが60Hzと120Hzを切り替えることができる表示設定メニューを示しています。メニューには、低いリフレッシュレートに切り替えるとバッテリーが節約されることが記載されています。このメニューでは、ユーザーは読書モードとダークモードにも設定できます。

 3番目の画像About Phoneページで、Redmi K30MIUI 11(バージョン9.11.18)を実行していることを示しています。

このデバイスは、発売時にRedmi K20よりも高い価格で販売される予定です。

ガジェット兄さん
パンチホール、なれるかな、、

アンダーディスプレイのカメラに対する言及も

一方、中国のIT系メディア手机中国によると
Redmiのトップである卢伟冰氏がWeiboのユーザーに将来のスマートフォンで採用することを最も期待しているテクノロジーを尋ねました。そこで一部のユーザーが、「アンダースクリーンカメラ技術を非常に見たい」と応えました。それについて、卢伟冰氏はコメントで「努力中」と答えました。
ガジェット兄さん
「努力中」w

ガジェット兄さん
「ただ、Xiaomiはすでにアンダースクリーンカメラは開発済みであることは知られていて、恐らく実機に搭載するには、技術的な問題がまだあるか、量産化する目処が立っていないのか、あるいはコスト的な問題があるのかということでしょうね。ここは大いに努力してもらいたいところです。

まとめ

恐らく、Redmi K30と同時に5G対応のRedmi K30 Proも発表されるのでしょう。
Redmi K30 Proもパンチホールなのかも気になります。 また、日本進出を睨んだネットワーク仕様なのかも気になるところですね。
発表まで一ヶ月くらいありますが、だいたい実態がある端末についてはこれくらいの時期にリークが出始めて、最終的にリリースまで引っ張るというのが恒例になっていますね。
パンチホールがなあ、とは思いますが、価格はいくらくらいなんでしょうね。
通りがかり
こちらからは以上です。

クーポンまとめに誘導

関連広告

記事タイトル下



投稿記事上リンク広告




  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-, ,

Copyright© ガジェット23(gad23.com) , 2019 All Rights Reserved.