スマートフォン

【Xiaomi Redmi Note 7 Pro】Snapdragon 675、48MP AIデュアルカメラを搭載した高コスパSIMフリー・スマートフォンのスペック・レビュー・特徴や海外メディアの評価・価格などをまとめました。

2019年3月11日

概要

中国のスマートフォン・総合家電メーカーであるXiaomiのミドルレンジスマートフォンRedmi Note 7 Proが中国に先駆け、最近Xiaomiの存在感が強いインドで発表されました。 (このとき同時に既に中国でリリースされてるRedmi Note 7のインド版も発表しています。インドで発表されたRedmi Note 7はカメラのスペックは48MPから12MPにするなどコストダウンを図っているようです。)
Khan
ちなみにこの一緒に写っているインド人らしき男性はインド人俳優のRanveer Singh(ランベール・シン)さんと思われます。インドでは大スターのようです。

Xiaomiとは

中華人民共和国北京市に本社を置く2010年4月6日に雷軍(らい・ぐん、レイ・ジュン)によって設立されました。
設立当初はスマートフォンメーカーとして起業されましたが多くの企業に出資し現在では総合家電メーカーとして知られています。スマートフォンメーカーとしては、インドでの躍進がめざましく2017年第3四半期以降はSamsungを抑えて1位となり、世界市場で見ても4位となっています。
Xiaomi Redmi Note 7 Proは3月18日に中国でも発表する予定です。

Xiaomi Redmi Note 7 Proのおもなスペック

  • ディスプレイ:6.3インチ 1080 x 2340 FHD+ 19.5:9 409ppi 
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 675 Octa-core upto 2.0GHz Adreno 612 GPU, upto 845MHz
  • RAM+ROM:4+64GB / 6+128GB
  • OS:Android 9.0 (Pie); MIUI 10
  • SIM:Hybrid Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
  • リアカメラ:48 MP, f/1.8, 1/2", 0.8µm, PDAF
    5 MP, f/2.4, depth sensor
    Dual-LED flash, HDR, panorama
    2160p@30fps, 1080p@30/60/120fps, (gyro-EIS)
  • フロントカメラ:13 MP
    HDR
    1080p@30fps
  • センサー:Fingerprint (rear-mounted), accelerometer, gyro, proximity, compass
  • サイズ:寸法:159.2 x 75.2 x 8.1 mm; 重さ: 186g
  • コネクティビティ:Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band,Bluetooth 5.0,Type-C,3.5mmオーディオジャック
  • ネットワーク:Dual 4G, Dual VoLTE
    GSM B2/3/5/8
    WCDMA B1/2/5/8
    FDD-LTE B1/3/5/7/8
    TDD-LTE B40/41(120MHz)
    4G:
  • バッテリー:4000 mAh Quick Charge™️ 4 

ネットワーク対応は?

ドコモ系SIMでつかえる?

ドコモ系simLTE/3Gともプラチナバンドには非対応。○
4G LTEのB1とB3、3Gの1のみに対応。都市部では普通に使えます。

ソフトバンク系SIMでつかえる?

ソフトバンク・ワイモバイル系sim:LTE/3Gともフル対応で◎
4G LTEはメインバンドのB1、B3、プラチナバンドのB8にフル対応。 3GもB1とB8ににフル対応。

au系SIMでつかえる?

やめたほうが良さそう。

Antutuのスコアは?

Xiaomi Redmi Note 7 ProAntutuのスコアは180808
かなりハイエンド寄りのスコアですね。これだけの性能であればばLINEやメール、SNSはもちろんWEB閲覧やYoutubeなどの動画の視聴からゲームまで快適に利用できますね。

外観・特徴

デザイン

Redmi Note 7 Proの特徴はといえば、その水滴ノッチのデザインや高性能なカメラやCPU等があげられます。外観は基本的に既にリリースされているRedmi Note 7 と同様です。

48MP + 5MP AIデュアルリアカメラ

Redmi Note 7 Proは、48MP Sony IMX586カメラセンサーを搭載しています。これは、今までスマートフォンに搭載されてきた12MPカメラの4倍のピクセルを持ち、驚異的な解像度といえます。

1回のタップで、カメラは自動的に複数の画像をキャプチャし、それらを1つに結合し高品質の写真を生成します。また、Redmi Note 7 Proには、高感度モードがあり、低光量の環境でも高品質のショットを生成します。

写真サンプル

強力なパフォーマンス

Qualcomm®Snapdragon™675 11nmオクタコアKryo™460プロセッサを搭載。
Kryo™️460 はSnapdragon 855プロセッサと同じA76アーキテクチャを共有し、特にゲームで威力を発揮し、Redmi Note 6 Proの155%のパフォーマンスを提供します。
通りがかり
ここにもAntutuのスコアが180808と載っていますね。

Auraデザイン

前面と背面にCorning®Gorilla®Glass 5を使用して印象的なモダンな外観のデザインです。
ガラスの背面は光で色相をシフトさせる鮮やかなグラデーション仕上げを備えています。 そして水滴ノッチディスプレイは、フルスクリーンディスプレイの経験を最大限に引き出すことを目的としてデザインされています。

4000mAhの大容量バッテリー

強力な4000mAh大容量バッテリーは

  • 待受時間 251時間
  • 音楽の再生 38時間
  • FHD録画 5時間
  • HD録画 5時間10分
  • ゲームプレイ 8時間25分
  • 動画再生 10時間50分
  • 通話 45時間30分

の利用が可能です。

動画

最初の動画が公式トレーラーで、次の動画はカメラの仕組みを解説していますね。
これはインド人俳優のRanveer Singh(ランベール・シン)さんのダンス編ですね。
ガジェット兄さん
インドもなかなか奥が深そうだ。

Xiaomi Redmi Note 7 Proを購入する

インドでの価格は
4GB+64GB版が13,999ルピー(約200ドル)、6GB+128GB版が16,999ルピー(約243ドル)
となっています。

Banggood

現在、まだ販売されていないようです。

Gearbest

現在、まだ販売されていないようです。

まとめ

【Xiaomi Redmi Note 7】丸い水滴ノッチの高コスパSIMフリー・スマートフォンのスペック・レビュー・特徴や海外メディアの評価・価格などをまとめました。
Xiaomi Redmi Note 7の上位版としてのXiaomi Redmi Note 7 Proですが、個人的にはあんまり変わらないかな、という印象です。
恐らくどちらもそれなりに満足度は高いでしょうね。価格差をどう考えるかでしょう。カメラのセンサーがソニー製になっていたりしますが、画質も比べてみればわかるのかな?ミドルレンジが最近のスマートフォン市場の主戦場になっているのでいろいろバリエーションを出しているのかな、という印象ですね。
ガジェット兄さん
個人的にはノッチのデザインが丸すぎて。OnePlus 6Tのようななだらかな方が好きかな。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST5

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
夏のスマホ大特価キャンペーンでOPPO A5 2020の場合、実質タダ以下。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

BIGLOBEモバイル

ガジェット兄さん
対象端末とセットで契約すると14,500円相当ポイント還元。Redmi Note 9Sが実質8,060円はかなり安い。

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最新クーポン&セールまとめ

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-スマートフォン
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)