ニュース

VivoがCES 2018で世界で初めて有機ELディスプレイの下にSynaptics社の指紋センサーを搭載した”大量生産が可能な”スマートフォンを展示

2018年1月11日

通りがかり
CES 2018でVivoが展示しているスマートフォンが話題です。

Vivoのニュースリリースによると、、


Chris
Vivoがニュースリリースで発表していますね。何が世界で初めてなのかが結構ややっこしくってVivoとしては”大量生産が可能な”というところを強調していますね。恐らく試作段階では色んなメーカーからディスプレイの下にセンサーを搭載した端末があることからこのような表現になっているんでしょう。俺達がディスプレイの下に指紋センサーを搭載したスマホを最初に出すよ、ということです。

指紋センサーのしくみ


Chris
ニュースリリースの中のセンサーの詳細図です。PCBとはプリント基板ですね。
Khan
基盤の上のOLEDパネルとガラスパネルの間にセンサーが挟まっている、ということですね。
Chris
ニュースリリースの中のセンサーの詳細図です。PCBとはプリント基板ですね。
Khan
OLEDじゃないと使えないそうです。液晶だとバックライトの影が出たりするのかもしれません。

動画も上がってますね

Chris
CES 2018の会場で実際に触ってる動画がありますね。
Khan
ちゃんと使えてますね。あたりまえですが。

Khan
gizmochinaの記事によると応答時間は約0.6秒~0.7秒だそうですよ。


Chris
動画の途中でSynaptics社のセンサーも映ってますね。
わたし
ただ、あまり気づかれない技術なんじゃないかな、興味ない人には。
Chris
ああ、言っちゃった。。

まとめ

Khan
この機種の名前や詳細などはまだ発表になっていませんが近々リリースされるんじゃないでしょうか。
Chris
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST4

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-ニュース

© 2020 ガジェット23(gad23.com)