ECサイト価格情報

ニュース

【Xiaomiニュース】3月18日の新製品発表会にXiaomi Redmi 7が登場することは確実のようです。

概要

【Xiaomiニュース】3月18日の新製品発表会にRedmi Note 7 ProとともにRedmi 7が登場するかもしれません。
昨日、3月18日の新製品発表会にRedmi Note 7 ProとともにRedmi 7が登場するかもしれない、という記事を書きましたが、やっぱり出てくるようです。

Xiaomiの卢伟冰さんの微博によると

昨日の記事でも引用させていただきましたが、Xiaomi卢伟冰(Xiaomiの副総裁でRedmiブランドゼネラルマネージャーという偉い人)さんの微博(weibo)によると

と、言うテキストと画像をアップしました。テキストは 3月18号,小金刚Pro还有一个小伙伴跟大家一起见面: #Redmi7 とあり、これは3月18日には小さなパートナーも持っていく、という意味のようです。もちろん添付されている画像にもRedmi7と大きく書かれています。

添付されていた画像

添付されている画像をよく見るとRedmi 7はRedmi Note 7とよく似ています。
水滴ノッチや指紋センサー、カメラの位置などもデザインを踏襲しているようです。
画像を見るとRedmi 7には少なくとも3つのカラーバリエーション - ブラック、ブルー、サンバーストのようなグラデーションがあるレッド - があることがわかります。

中国の携帯電話などを管轄している役所であるTENNAには既に認証を通っているようである程度仕様はバレている、と昨日の記事でも書きました。

6.26インチの1520 x 720(HD +)ディスプレイを搭載。
メモリー構成は、2GB RAM + 16GB ROM、3GB RAM + 32GB ROM、4GB RAM + 64GB ROM。
12MP + 8MPのデュアルリアカメラと8MP の自撮りカメラ。
チップセットは、Snapdragon 632。
カラーバリエーションは黒、赤、青、ピンク、白、緑、紫、そして灰色。

 というのが、その仕様で、価格的にも120ドル以下と言われています。

ガジェット兄さん
昨日も書いたけど、これ結構コスパ高いミッドレンジですよね。

まとめ

Redmi 7はほぼ、Redmi Note 7の弟分的な感じですね。グローバル版が出ればインドや東南アジアでも馬鹿売れしそうな気がします。
通りがかり
現場からは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST3

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。



関連広告

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)