ECサイト価格情報

スマートフォン

自分にはXiaomi Redmi Note 3 Proを買った話

2017年5月22日

やっぱりXiaomiでしょ!

妻にはロースペックなスマホをあてがいましたが自分用にはXiaomiと決めていました。
Xiaomiは「中国のスティーブ・ジョブズ」と呼ばれる雷军氏が率いるスマートフォンメーカーから総合家電メーカーに発展した会社。
最近は少しかつて程の勢いを感じませんがプロダクトのデザインはとても「アップル的」だなあ、と感じます。
中華スマホの中ではXiaomiはやっぱり垢抜け感がありますよね。

箱もそこはかとなくアップルっぽい

Xiaomi Redmi Note 3 Proの主なスペック

  • CPU :Snapdragon 650 1.8GHz Hexa Core ( 2 x A72 + 4 x A53 )
  • RAM + ROM: 2GB + 16GB
  • ディスプレイ :5.5 インチ IPS液晶 1920 x 1080 Pixel Screen with 403 PPI
  • OS: Android 5.1( MIUI 7.8 )
  • バッテリー : 4000mAh
  • カメラ: 16MP rear / 5MP front
  • SIMサイズ: デュアルMicro SIM
  • サイズ/重量: 152 x 76 x 8.65mm /160g
  • ネットワーク:2G: GSM B2/B3/B8
    3G: WCDMA B1/B2/B5/B8
    TD-SCDMA B34/B39; CDMA 2000: BC0
    4G: FDD-LTE B1/B3/B7
    TDD-LTE B38/B39/B40/B41: 2555-2655MHz

antutuも7万超えとサクサク動きます。

日本語対応

Xiaomiの端末はアンドロイドOSをカスタマイズしたMIUIが搭載されています。
このMIUIって日本語対応していないんですよね。
自分でなんとかするかショップのROMが日本語対応している場合はそれを使うとか、
まあ適当に検索すれば出てくるのでちょっとハードルがあります。
あとMIUIはデフォルトのアプリストアがGooglePlayではないので
そういうめんどくささも楽しめる人向けです。

スポンサーリンク

しばらく使った感想

使いやすい。不満は殆ど無いです。
ただ、URLスキームを使ってアプリからアプリへ連携をする場合に
MIUIはデフォルトのアプリストアがGooglePlayではない関係からだと思うのですが
うまく引き渡せないことがあります。

それと結構謎のアプリが入っています。MIUI用のアプリで中国語だったりして、それを見てるのも楽しかったりする。まあ楽しめるのも人によるとは思いますが。

まとめ

かなり完成度が高いスマートフォンです。
ただ日本語に対応させるのが結構面倒だったり、不安点ではあります。
そういったマイナス面も含めて楽しめるちょっと余裕のある人向けですね。

わたし
あと、まわりにXiaomiと言ってもわからない人が多いのでちょっとさみしい。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST3

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。



関連広告

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-スマートフォン
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)