ニュース

【Xiaomiニュース】中国でXiaomi Redmi 7が発表。プレゼンでは何故か日本の写真が多用される。

概要

【Xiaomiニュース】3月18日の新製品発表会にXiaomi Redmi 7が登場することは確実のようです。
以前も記事にしたように2019年3月18日、中国時間の14時(日本時間15時)から中国北京でXiaomiRedmiブランドの新製品発表イベントが開催されました。
インドで既に発表されているRedmi Note 7 Proの他に噂通りにRedmi 7、さらにRedmiブランドのイヤフォン、洗濯機などが発表されました。

Redmi 7の概要

Xiaomi Redmi 7は外観的にはRedmi Note 7とよく似ており水滴ノッチの6.26インチディスプレイを搭載し背面はグラデーションカラーでデザインされています。
チップセットはSnapdragon 632を採用。RAMは2/3/4GBとなっており4000mAhバッテリーはスタンバイ状態で400時間持つとしています。また音質も改善されており、Redmi 6と比べて40%大きな音を出すことができます。

Redmi 7の価格

気になる価格ですがXiaomiのエントリーモデルという位置づけからかなり安い価格設定がされています。

2GB RAM + 16GB ROM版 - 699元(約104ドル)
3GB RAM + 32GB ROM版 - 799元(約119ドル)
4GB RAM + 64GB ROM版 - 899元(約134ドル)

またグローバル版のリリース時期は不明です。

Redmi、家電も売るってよ。

洗濯機とワイヤレスイヤフォンもRedmiブランドで出すようです。
ガジェット兄さん
ふーーんとしか。

気になった、日本の写真

ガジェット兄さん
ipadでリアルタイムでプレゼンテーション見てたんですが、サンプル画像に日本の風景ばかり使われていました。

Redmi Note 7 Proのサンプル画像

Redmi 7のサンプル画像

プレゼンで使われていたサンプル写真、Redmi Note 7 ProRedmi 7すべて日本の風景でした。まああまり意味はないかもしれませんが何かのフラグか?と、うがった見方もできるかも。
ガジェット兄さん
多分ウガリすぎ。

Xiaomiの日本戦略の関する記事も、、

ascii.jpの記事はXiaomiのGlobal spokespersonのDonovan Sung氏へのインタビュー。彼に日本進出の可能性も問うているが

シャオミのミッションである”イノベーションを全員の手に”では、日本のユーザーも含まれる。日本の人にもシャオミを楽しんでもらえると信じているが、急速には拡大できない。 2019年はまず、MWCで発表した「Mi9」と「Mi Mix 3 5G」にフォーカスする。

とやんわりとお茶を濁されています。

ガジェット兄さん
年内は日本進出はなさそうな感じですね。

まとめ

Redmi 7はSnapdragon 632を積んでおり、エントリーモデルというよりはミドルレンジの性能を持っています。グラデーションのカラーリングも良い感じで、Redmi Note 7でなくてもRedmi 7で充分だと思わせる出来ではないかと思います。それほどスペックにこだわらない奥さんや子供などに最適な気がします。メインでも使えそうです。

Xiaomiの日本進出に関してはないわけではないよ、というくらいのニュアンスで捉えましたが、果たしてどうなりますかね。

ガジェット兄さん
日本の写真については、プレゼンで日本の写真を見せられるとなんか新鮮な感じもし、ちょっと嬉しくもありました。なのでご報告したくなりまして、ええ。
通りがかり
現場からは以上です。

クーポンまとめに誘導

関連広告

記事タイトル下



投稿記事上リンク広告




  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-

Copyright© ガジェット23(gad23.com) , 2019 All Rights Reserved.