ECサイト価格情報

コラム

【Xiaomiの新機種のうわさ★まとめ2017年11月29日時点編】ミドルレンジの新機種がよくわからないのでまとめておく

2017年11月29日

Khan
Xiaomiの新機種のリークが結構ややこしいのでまとめておきますね。

Xiaomi Redmi 5、Xiaomi Redmi 5 Plus

Khan
gizmochinaによると、、
明日(11月30日)に発表されるという噂のXiaomi Redmi 5の画像と完全なスペックがリークされました。

デザイン
リークされた写真はゴールドのものです。このデザインは、Redmi Note 4Xのものと実際には違いはありません。 キーの変更はフロントパネルで、フルスクリーン表示に対応するためのベゼルが少し小さくなっています。 XiaomiはIRブラスターとオーディオジャックをデバイスの上部に、下部にはマイクロUSBポートとスピーカーグリルがあります。 ボタンは右側にあり、SIMトレーは左側にあります。

仕様
Redmi 5は、5.7インチの1440 x 720ディスプレイを搭載していると言われています。 4GBのRAMと64GBのストレージを搭載し、最大128GBまで拡張できます。 プロセッサはMSM8953 Liteと表示されていますが混乱しています。Snapdragon 625は実際にはMSM8953ですが、我々はLiteバージョンのチップセットを認識していません。プロセッサーは、他のSnapdragon 625電話機のように2.0GHzではなく1.8GHzでクロックされているが、「Lite」が入る場所である可能性がある。 Redmi 5には、12MPリアカメラと5MPフロントカメラがあります。電話機はデュアルSIMをサポートしていますが、Redmi Note 5Aやハイブリッドスロットのようなトリプルカードスロットであるかどうかは言及されていません 。 驚いたことに、Redmi 5はMIUI 9.ではなくAndroid 7.1.2 Nougatに基づいてMIUI 8.5.1.1を実行すると言われています。バッテリーの容量は3300mAhです。

価格
Redmi 5の価格は、台湾のODM Inventecの内部者であるFu Chi Kangによって1399元(〜212ドル)としても明らかにされました。また、電話は12月10日に発売される予定だという。また、価格はまだ確認されていない。

ガジェット兄さん
HD+のディスプレイか。
ガジェット兄さん
とか言ってたら新しいニュースが、、

ガジェット兄さん
gizmochinaによると、、
Xiaomi Redmi 5Redmi 5 Plusの2機種が12月7日にリリースされるようです。

Xiaomi Redmi 5
1440 x 720ピクセル、アスペクト比18:9の5.7インチHD +ディスプレイ
CPUはSnapdragon 450プロセッサ(Snapdragon 435プロセッサへのアップグレード)
3GBのRAMと16GBのROMと3GBのRAMと32GBのROMの2バージョン
背面に12メガピクセル、前面に5メガピクセルのカメラ
価格は699元(約106ドル)

Redmi 5 Plus
2160 x 1080ピクセルと18:9のアスペクト比の5.99インチのFHD +ディスプレイ
CPUはSnapdragon 625プロセッサ
背面にデュアルカメラ 12メガピクセルの1次センサーと5メガピクセルの2次センサーを搭載
価格は999元(約151ドル)

どちらもAndroid 7.1 Nougatオペレーティングシステムベースの自社のMIUIで動作します。

通りがかり
999元で千元きってるフルスクリーンだから千元全面屏ってことですかね!

Xiaomi R1

Khan
Slashleaksによると、、

このXiaomi R1はUSB Type-C Port & 1,499 元
ということらしいです。

Khan
コチラの記事は他のリーク写真ですがいまいちよくわからく新しい情報は殆どありません。 これまでおもにインド市場向けにMi A1やMi Y1をリリースしてきているのでネーミング的にはインド向けっぽい気がします。
通りがかり
見た目はRedmi 5と区別がつかないな。

Xiaomi Deshka Smartphone

Khan
記事によると、、
Deshkaとはヒンディー語で「土地の」という意味で、ローカルなスマートフォンということらしいです。 XIaomi IndiaのCEO、Manu Jainと公式のMi India Twitterアカウントが#DeshKaSmartphoneのハッシュタグで多くのティーザーが拡散してるようです。 インドで大人気のXiaomiが11月30日に新しくインド向けにリリースするスマホを指してそう呼んでるようです。 実際にはRedmi 5Aじゃないかという憶測もあるようです。
通りがかり
そうデシュカ。
Khan
それ一番言っちゃいけないやつ。

Xiaomi Redmi note 5

Khan
Redmi Note 5 に関しては色々記事があります。
スペック的には
5.99 インチ FHD+(2160×108018:9)のディスプレイ 
CPUはSnapdragon 625
4GBのRAMと64GBのROM
というものや
カメラもリアがシングルかデュアルかまだはっきりわからなかったり、 ディスプレイはHD+(1440 x 720)だと言っている記事もあります。
また、Oppomartに既に199ドルで記載されているらしく値段的にはそのあたりかもしれません。
Khan
Redmi 5と混同しているのかもしれないですね。ちょっとややこしい。

まとめ

わたし
まあ、もう少し待てば発表があるでしょう。 個人的にはRedmi note 4が今結構安くなってるから、もうすぐRedmi note 5が出るんじゃないかと思ってますがデュアルカメラにして欲しいですね。
通りがかり
Mi Mix 3とか Mi 7はどうした?
わたし
まあ、あいつらはミドルレンジではないからな。
通りがかり
ミドルレンジの新機種がよくわからないのでまとめておく、というわりにはわかりにくいママという、、
わたし
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST3

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。



関連広告

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-コラム
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)