ガジェット

【eMeet C960★実機レビュー】オンラインミーティングで差がつくFHD高画質WEBカメラ。

2020年5月21日

概要

中国のメーカーであるeMeet社のWEBカメラ eMeet C960をご提供いただきましたので実機レビューします。

eMeet社とは

eMeet社は中国深センに本拠とを置くメーカーです。
HuaweiやHarman、TCL、KuGou(音楽ストリーミング大手)などの出身者で設立されているようです。
会議用の無指向性マイク、ウェブカメラ、スピーカーフォンなどを製造販売しています。

eMeet C960のおもなスペック

解像度1920x1080p CMOS ビデオ解像度/フレームレート:1920X1080p/30fps
無指向性マイク全指向性マイク×2
雑音制御高品質
フォーカス範囲固定フォーカス フォーカス範囲:0.8-5m  
自動HD光補正
3脚接続〇 三脚対応ユニバーサルクリップ
視野角視野角:80度広角
カバーカバーなし

eMeet C960のおもな特徴

ZoomSkypeのオンラインミーティングなどのテレワークに適した、FHD1080p/30fps画質対応、マイク内蔵のWEBカメラです。
自動光補正機能が搭載で、高画質でビデオ電話ができます。
・5つのアンチグレアレンズが内蔵され、プラスチックレンズだけを採用した製品と比べると鮮やかです。

マイク内蔵で、ヘッドセットを使わずにビデオ通話できるのでケーブルの煩わしさがなく、リラックスした姿勢で会話できます。
USBポートに差し込めばすぐに使える、プラグアンドプレイ接続が簡単です。

外観と装着

箱はわりと小さ目。
シンプルに白とブルーのデザインです。裏にはPSEマークもちゃんと表示されていて安心です。
箱の中には、製品とマニュアル、購入証明書、保証書がついています。
日本語対応です。 また製品の上部には小さな穴が2つあります。これがマイクのようです。
24インチのモニターに装着したところ。この液晶モニター、少々古くて若干厚みがありますが上の写真のようにして挟み込んで固定しています。
クリップのような強力に挟むものではなく、ちょうどいい角度で置くと、ゴム部分が滑らないのでうまい具合に固定されます。
モニターに傷もつかず、ある程度の厚みがあるモニターでも対応できそうです。
13.3インチのラップトップ( Mi Notebook Air)にも装着してみました。
薄いものにもちゃんとつけることができます。背面を見るとわかるようにこのグリップが結構うまくできてます。
底の部分にカメラ用のねじ穴もあり、三脚や100均で売ってるようなトリポッドにも固定できます。
これはあると便利ですよね。

使ってみる

セットアップ

セットアップはカメラのケーブルの先のUSBをパソコンに差し込むだけです。
あとはマイクの設定をするだけです。設定>サウンドから入力デバイスのプルダウンメニューで、eMeet C960を選ぶだけです。簡単ですよね。
ガジェット兄さん
私はWindows環境で使いましたが、Mac OSにも対応しています。

カメラのテスト

Windowsの場合ですが、デフォルトで入っているカメラアプリを起動するとカメラの動作を確認できます。
ちゃんと解像度もFHD(1920X1080p)あるし動画でも30fpsとなっていますね。

Zoomを使って比較してみた

テレワークで一躍注目を集めているZOOMですが、ここでラップトップ内蔵カメラとeMeet C960を比較してみました。

ラップトップ⇔eMeet C960

Zoom会議を2台のパソコン(ラップトップとデスクトップ)を使ってタイル表示にして録画したものをキャプチャしたのが上の画像です。
同じタイミングでほぼ同じ位置から録画しています。

左がラップトップの内蔵カメラ。 右がeMeet C960のカメラです。
ちなみにラップトップのカメラの解像度はHD(1280×720)です。

明らかに右のeMeet C960のほうが、明るく、解像度もあり広角で撮れていますね。
曇っていて若干暗めでしたから、余計に差がついた感じはあります。

通りがかり
画質は雲泥の差ですね。
録画時に録音されたサウンドも聞き比べてみました。
ラップトップのマイクを使った音声は独特のシャリシャリ感が割ときつめにあります。
一方でeMeet C960はラップトップと比べると若干音が太くて聞きやすくなっているように感じました。

使ってみた感じたこと

・画質が解像度が高く、総じてきれい。
・結構広角。後ろはきれいに整頓しておくべきですね。
・プラグインプレイなので簡単。
・小さくて軽い。
・相手がスペック落ちる機器を使ってると、こちらが結構ストレスかも。
ガジェット兄さん
covid-19 の影響でテレワークがこれからもっと普及しそうです。WEBカメラけっこう売れているようですね。

総合評価

Product:eMeet C960 
Ratings:4.3/5
コストパフォーマンス: 性能: デザイン:

Brand:eMeet
Price:¥6,999

購入する

タイムセールで5,099 円。

まとめ

今回、eMeet C960を使ってみて感じたのは画像の良さ、そして音声のききやすさです。
オンラインミーティングが続いてばかりいるとやはりストレスを感じますよね。それはミーティング参加者も同様なので、できるだけストレスのない映像と音声でやりたいものです。そういう意味では、自分だけではなく、相手にも同様の環境をそろえてほしくなってしまいます。7000円程度ですから必要経費でしょう、もはやこのご時世ですからね。
あと弊害としてineのグループ通話などをスマホでやると、音と画像がいまいちに感じてしまいます。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST5

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
夏のスマホ大特価キャンペーンでOPPO A5 2020の場合、実質タダ以下。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

BIGLOBEモバイル

ガジェット兄さん
対象端末とセットで契約すると14,500円相当ポイント還元。Redmi Note 9Sが実質8,060円はかなり安い。

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最新クーポン&セールまとめ

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ガジェット
-

© 2020 ガジェット23(gad23.com)