ニュース

Redmi K30のライバルRealme X50が2020年1月7日に発表されると正式にアナウンス。価格に注目。

概要

OPPOのサブブランドであるRealmeの最初の5G対応スマートフォンRealme X50が2020年1月7日の現地時間午後2時から北京の黑糖盒子艺术中心で発表イベントが開催されることを、Realmeが正式にアナウンスしました。
ガジェット兄さん
リアルなミーで真我。

Realme X50

Realmeの最初の5G対応スマートフォンとして、Realme X50は5Gに対応したQualcommのSnapdragon 765Gを搭載し、SA / NSAデュアルモード5Gをサポート。中国国内の主流の周波数帯域を完全にカバーしています。
またRealme X50はデュアルチャネルWi-Fi/5G同時オンラインもサポート。デュアルWi-Fiは、2.4GHz / 5GHz Wi-Fiに同時に接続できます。

Realme X50Snapdragon 765Gを効率よく働かせるために、5重立体液冷熱放散技術も搭載。また独自の急速充電技術のVOOCフラッシュ充電4.0の増強バージョンを採用。30分で70%の充電が可能です。

まとめ

搭載しているチップセットQualcommSnapdragon 765Gはライバル機種でもあるRedmi K30と同じもの。またフロントカメラも同様に、左右の違いはあれどデュアルカメラのパンチホールがあります。Redmi K30は現地販売価格が1,999元(約284ドル/30,894円)からとその安い価格にXiaomiの株価も上昇したというものです。Realme X50が現地価格でいくらで売られるか、注目が集まるところです。
ガジェット兄さん
RealmeはRedmiをよく研究して追従してますよね。だからこそ価格は注目です。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST4

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-ニュース
-

© 2020 ガジェット23(gad23.com)