ニュース

Realmeの最初の5GのスマートフォンX50を予告。まるでRedmi K30の影。

概要

中国のスマートフォンメーカーのOPPOのサブブランドであるRealmeが5G対応のスマートフォンRealme X50をリリースすることを明らかにしました。
ガジェット兄さん
Realmeは中国語では真我、と表記するのもわかります。

weiboのrealme公式アカウントによると

11月25日の朝にRealme公式アカウントが明らかにしたのはRealme最初の5G対応のスマートフォンはRealme X50 5GでNSAとSA 5Gネットワ​​ークの両方をサポートするとしています。
また端末のシルエットからデュアルカメラのパンチホールがディスプレイの左上に配置されていることが予想されます。


ガジェット兄さん
これはすでにリリースが予告されているライバルブランドRedmiのK30の影のようですね。いつも、Redmiのすぐ後ろをひたひたとついてきている不気味さすら感じます。

X50の意味は

RealmeCMOである徐起Chase氏によると
XはRealmeのXシリーズから、
5は5Gから、
0は5G元年を意味する、と明かしています。

Realmeは最も急成長しているスマートフォンブランド

IT系の調査会社であるCounterpointによるとRealmeは7月から9月にかけて1,000万台を超える出荷数を記録し、前年比で808%という急成長中のスマートフォン企業となっています。

これに伴い、Realmeはスマートフォンブランドとして世界市場で7位となり世界的には停滞気味のスマートフォン市場のことを考えると驚異的な成長を遂げています。

まとめ

RealmeRedmiのオンライン戦略をなぞって、うまくインドで勢力を伸ばし、ヨーロッパ、中国本土へ逆輸入的に進出していっています。ただ80%以上はインドとインドネシアの両市場のものだそうです。言い換えるとまだ他の市場での伸びしろがある、とも言えます。2020年の注目ブランドであることは確かですね。
ガジェット兄さん
パンチホールは好き嫌いありそうですよね。
通りがかり
こちらからは以上です。

クーポンまとめに誘導

関連広告

記事タイトル下



投稿記事上リンク広告




  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-ニュース
-

Copyright© ガジェット23(gad23.com) , 2019 All Rights Reserved.