コラム

Redmi 10X 4GはグローバルリリースされたRedmi Note 9と同じ.Redmi 10X 5GはRedmi Note 9 5Gとも言えるよね。

XiaomiのサブブランドRedmiは中国でRedmi 10Xシリーズの発表イベントを開催しました。
新しいMediatek Dimensity 800を搭載したRedmi 10X 5GRedmi 10X Pro 5Gを発表した後に、Redmi 10X 4Gも発表しています。
このモデルは、この先月にグローバルでリリースされたRedmi Note 9とほぼ同じでした。

おもなスペック比較

 Redmi 10X 4GRedmi Note 9
ディスプレイ6.53インチLCD6.57インチAMOLED
解像度1080 x 2340 pixels1080 x 2340 pixels
チップセットMediaTek Helio G85 (12nm)
Octa-core (2x2.0 GHz Cortex-A75 & 6x1.8 GHz Cortex-A55)
MediaTek Helio G85 (12nm)
Octa-core (2x2.0 GHz Cortex-A75 & 6x1.8 GHz Cortex-A55)
メモリー構成4GB RAM+128GB ROM
6GB RAM+128GB ROM
3GB RAM+64GB ROM
4GB RAM+128GB ROM
リアカメラ48MP + 8MP + 2MP + 2MP48MP + 8MP + 2MP + 2MP
フロントカメラ13 MP13 MP
OSMIUI 11(Android 10)MIUI 11(Android 10)
バッテリー5020 mAh5020 mAh
急速充電Fast charging 18W Reverse charging 9WFast charging 18W Reverse charging 9W
サイズ(mm)162.3 x 77.2 x 8.9162.3 x 77.2 x 8.9
重さ199g199g
カラー天际蓝、松晨绿、冰雾白Forest Green、Midnight Grey、Polar White
ネットワーク
4GFDD-LTE B1/3/5/7/8
TDD-LTE B34/B38/39/40/41(2555-2675MHz)
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28
TDD-LTE: B38/40/41(2535-2655MHz)
3GWCDMA B1/2/5/8
TD-SCDMA B34/39
WCDMA: B1/2/4/5/8
2GGSM B2/3/5/8 
CDMA BC0
GSM: B2/3/5/8
おもなスペックを比較してみると、メモリー構成とネットワーク仕様が違うだけでほぼ同じです。カラーは英語と中国語で表現が違いますが同じです。
つまりRedmi 10X 4Gのグローバル版がRedmi Note 9であるといえます。
ここで気がつくのは中国国内ではRedmi Noteという名前を捨てた可能性があるということです。

恐らく、グローバル版ではインドなどで認知度が高いRedmi Noteというブランドを活かすため、また世界規模では5Gがそれほど盛り上がっていない点などを考慮して、グローバル版にはRedmi Note 9として名前を残し、中国ではXiaomi創立10周年を記念した10という数字を使いたい、また5G端末にシフトするためのイメージチェンジという狙いがあったのかもしれません。

後継機のネーミングを予想してみる

ここで気になるのは後継機のネーミングです。
グローバル版のRedmi Note 9の後継機は単純に考えればRedmi Note 10になりそうですが、中国のRedmi 10Xの後継機の名前に引っ張られる可能性もあります。

中国のRedmi 10Xの後継機はどうなるんでしょう。いろいろパターンが考えれれそうです。
Huawei、Samsung方式だと、Redmi 20X
SONY方式で、Redmi 10X II
あるいは年代を入れるパターンでRedmi 10X 2021 とか。まあどうでもいいか。

まとめ

グローバルではしばらくRedmi Noteという名前は続きそうな気がするんですが、中国内とグローバルで名前の違い、あと数字のズレ(同じ端末で9と10ってズレてて気持ち悪い)とか、わかりやすく整理してほしいと思ってますが、この気持ちは届かないでしょうね。

ガジェット兄さん
どうでもいいっちゃどうでもいいしね。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST4

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-コラム
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)