スマートフォン

【OnePlus 6T】OnePlus 6からちょっと進歩したフラッグシップキラースマホのスペックレビュー・OnePlus 6との違いや特徴・海外メディアの評価・価格などをまとめました。(12/5更新)

投稿日:2018年11月22日 更新日:

概要

OnePlusは、10月末にニューヨークでの発表を通じて、新しい同社のスマートフォンOnePlus 6Tを発表しました。OnePlus 6Tは、5月に発表されたOnePlus 6と比べて、ノッチはより小さくなり、カメラは改良され、より大きなバッテリーを搭載しました。また、OnePlusでは最初のインディスプレイ指紋リーダーを搭載したスマートフォンです。3.5mmオーディオジャックはなくなりました。

OnePlusとは

OnePlus (一加)は、中国の広東省に本社を置くOPPO傘下のスマートフォンメーカーで実質OPPOのサブブランドとも言えるOnePlusシリーズはおよそ半年ごとに、その時点で可能なハイエンド機能を盛り込んだ1機種のみ(メモリー構成やカラーバリエーションはあるが)をリリースしています。性能のわりに値段が手頃なためフラッグシップキラーと言われています。
通りがかり
一加でOnePlusというのも漢字の意味がわかるとなるほど感。

OnePlus 6のスペック・レビュー

  • ディスプレイ:6.41インチ 1080 x 2340 pixels, 19.5:9 Optic AMOLED
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 845
  • RAM+ROM:8GB RAM + 256GB ROM, 6/8GB RAM+ 128GB ROM,
  • OS:Android 9.0 (Pie)
  • SIM:Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
  • リアカメラ:16 MP, f/1.7, 25mm (wide), 1/2.6", 1.22µm, OIS, PDAF
    20 MP (16 MP effective), f/1.7, 25mm (wide), 1/2.8", 1.0µm, PDAF
  • フロントカメラ:16 MP, f/2.0, 25mm (wide), 1/3.1", 1.0µm
  • センサー:Fingerprint (under display), accelerometer, gyro, proximity, compass
  • サイズ:寸法: 157.5 x 74.8 x 8.2 mm; 重さ:185 g
  • コネクティビティ:Type-C,Type-C Audio Out Port
  • ネットワーク
    2G:
    GSM: B2 (1900)/B3 (1800)/B5 (850)/B8 (900)
    3G:
    UMTS(WCDMA): B1(2100)/B2(1900)/B4(1700/2100)/B5(850)/B8(900)/B9(1700)/B19(800)
    TD-SCDMA: B34(2000)/B39(1900) CDMA EVDO: BC0(800)/BC1(1900)
    4G:
    FDD-LTE B1(2100)/B2(1900)/B3(1800)/B4(1700/2100)/B5(850)/B7(2600)/B8(900)/B12(700)/B13(700)/B17(700)/B18(800)/B19(800)/B20(800)/B25(1900+)/B26(850)/B28(700)/B29(700)/B66(1700/2100) TDD-LTE B34(2100)/B38(2600)/B39(1900)/B40(2300)/B41(2500)
    Wi-Fi:
    802.11 a/b/g/n/ac, 2.4G/5G
  • バッテリー:3700 mAh 

ネットワーク対応は?

Khan
北米向けと中国・インド向けで多少対応ネットワークが変わります。日本ではあまり関係ないバンド帯域ですがご留意ください。

ドコモ系simLTE/3Gともフル対応で◎
4G LTEは全国区のB1、東名阪のB3、プラチナバンドのB19にフル対応。 3GもメインバンドのB1、FOMAプラスエリアのB19に対応。

ソフトバンク・ワイモバイル系sim:LTE/3Gともフル対応で◎
4G LTEはメインバンドのB1、B3、プラチナバンドのB8にフル対応。 3GもB1とB8ににフル対応。

au系simなんともいえません
au回線は通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMにフル対応していますが、au回線の場合は対応していても接続できないことがあります。au回線での使用を考えている方は現時点ではやめたほうが良い気がします。

Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, 2.4G/5G
WIFIは2.4Gと5Gに対応。転送速度の速いacにも対応していて安心。

パフォーマンス

kimovil.comによるとAntutuのスコアはメモリー構成の違いによって多少スコアが前後するようですが297132とかなりのハイスコア、ある意味オーバースペックとも言えるスコアとなっています。このレベルは明らかにハイエンドクラスと言えます。普段のメールやライン、ウェブブラウジングは当然のことながらかなり複雑で処理能力を必要とするゲームですらストレスなしに遊ぶことが出来ます。

新しく発表されたOnePlus 6TOnePlus 6と同じSnapdragon 845チップセットを搭載しています。3700mAhの容量のより大きいバッテリーは、スマートフォンに電力を供給します。同社のDash Charge高速充電技術をサポートしています。ただし、デバイスのワイヤレス充電はサポートされていません。

Screen Unlock

OnePlus 6Tの特徴としてやはり一番目立つのはディスプレイ内の指紋センサーでしょう。OnePlusによればスマートフォンで最速のディスプレイ内の指紋センサーでOnePlus 6Tのロックを解除するとしています。OnePlusはこれをScreen Unlockと呼んでいます。独自のソフトウェアとハ​​ードウェアの組み合わせでOnePlus 6Tはユーザーの指紋を学習し、使うほどより速くロックを解除します。

外観

OnePlus 6Tは元になっているはずのスマートフォンのOPPO R17とはまったく似ていませんが、OnePlus 6Tは、小さなノッチデザイン(英語ではwaterdrop notch、すなわち水滴ノッチと呼ばれているようです)とディスプレイ内の指紋センサーは継承しています。86%スクリーン対ボディ比、6.41インチのAMOLED(有機EL)は鮮やかな画像を表示します。

背面にはデュアルカメラを垂直に配置しています。3.5mmオーディオジャックは備えていません。またある程度の耐水性を備えていますが、IPの評価は確認できませんでした。カラーバリエーション的にはMirror BlackMidnight Blackといった2種類の黒とThunder Purpleのカラーバリエーションが用意されています。

カメラの性能

マルチフレーム処理で、より鮮明で詳細な写真を撮れるようになりました。またインテリジェントシーン認識(いわゆるAIカメラ機能)は、フレーム内の内容を認識・検出し、明るさ、コントラスト、彩度などを調整して、完璧な画像が簡単に撮影できます。

夜景モード

新しい夜景モードを使うと、夜でも綺麗に夜景が撮影できます。特に都市のビルの夜景は鮮やかです。OnePlus 6までは夜景が弱点と言われてましたが改善されたようです。(上の画像クリックで大きな画像になります)

スタジオ照明モード

スタジオ照明モードを使うと、高度な顔検出と優れたエッジ検出技術により、被写体の顔の影やハイライトを最適なトーンに調整し、素晴らしいポートレートが撮影できます。

撮影サンプル

公式サイトにサンプルが上がっていたので御覧ください。OnePlus 6Tdxomarkに評価依頼していないようですが、前機種のOnePlus 696ポイント(PHOTO:100、VIDEO:87)を獲得しており、それよりは明らかに進化しているはずです。フォトショップで縮小してます。

動画撮影 超低速スローモーション撮影

毎秒480フレームで、驚くほど詳細にアクションをフレーム単位でキャプチャすることができます。動画は、スローモーション、60fps、あるいは4Kのいずれで録画しても、素晴らしい結果が残ります。
Khan
まあ、それほど使うシーンはないかな。

OxygenOS

グローバル版には最新OSであるAndroid 9(Pie)をベースに独自の機能も兼ね備え使いやすく洗練されたOxygenOSを採用。中国版にはGoogle系サービスが含まれないH2OS版がありますが、PCを使ってH2OSからOxygenOSに入れ替えることが可能です。作業的には簡単なようなのでH2OS版が安い場合はそちらを手に入れるのもアリかも知れません。
ガジェット兄さん
購入するときはチェックしてくださいね。

OnePlus 6との違いは?

ざっとOnePlus 6Tを紹介してみましたが前機種であるOnePlus 6との差はどういったところでしょうか。CPUは同じSnapdragon845でほぼ処理能力は同じ、ディスプレイもAmoledのディスプレイという点ではマイナーバージョンアップと捉えても良いかも知れません。あえて違いを上げるとすると
・ディスプレイ内の指紋センサー
・3.5 mm audio jackがなくなった
・ノッチが小さくなった

くらいでしょうか。そして現時点での価格差は150~200ドル程度です。そういう意味ではOnePlus 6は今が買い時とも言えるかも知れません。
通りがかり
ただ、普通のノッチデザインは見飽きたせいか古臭く感じちゃいます。水滴ノッチは新鮮。でも時代はノッチレスへ、、という点も悩ましい。
ガジェット兄さん
OnePlus 6Tの赤ってのも出そうな気がするんですけどね。

海外の評価

itpro.co.uk

長所
競争力のある価格のための確固たる仕様 素敵なデザイン。より長いバッテリ寿命

短所
OnePlus 6の小さな進化。傑出した機能はありません。ディスプレイはまだFHD +

評決
OnePlus 6をお持ちの場合、6Tへのアップグレードは必要ありません。しかし、6GBのRAMと128GBのストレージを搭載したモデルでは499ポンドの価格で、8GB / 256GBの携帯電話には最大579ポンドの価格でOnePlus 6Tは、デザインと非常に良いカメラ。

イギリスのIT系メディアの評価。'Incremental upgrade'、つまりちょっとしたアップグレードだとの評価。悪くないけど6とあまりかわらないね、という評価です。デザインは気に入ってるみたい。

droid-life.com


あなたの予算が約600ドルであれば、OnePlus 6Tは素晴らしい買い物になるでしょう。
今、OnePlus 6Tが価値のあるスマートフォンであるのは、競合する他機種より安いからだけではありません。OnePlus 6Tは、印象的なハードウェア、必要なほとんどすべてのスペック、偉大なソフトウェアとパフォーマンス、堅実なディスプレイ、そしてバッテリーの寿命など、正当な理由から良いスマートフォンであるといえます。Verizon上で動作し、T-Mobileで販売されており、スーパークールであるディスプレイ内の指紋リーダーを備えています。

しかし、この新しい指紋リーダー技術は、使用するのがややイライラしています。
ヘッドフォンジャックはなくなり、カメラはビジネスでも最高に近いところにはありませんが、残りの機能を総合すると満足するでしょう。ここでも、これは600ドル以下の電話機です。その価格のために、6Tが提供することは何も驚くべきことではありません。あなたの予算が空高く、Pixel 3 XLまたはGalaxy Note 9を買う余裕がない限り、買いましょう。

こちらはアメリカのIT系メディア。結構ベタ褒めな感じです。

androidcentral.com

長所:
狭い切り抜き
標準128GB内蔵メモリ
クリーンなソフトウェア体験
最高のパフォーマンス

短所:
3.5mmジャックなし
カメラは平均です
ディスプレイ内の指紋センサーが信頼できない
通知LEDなし
IP評価なし

こちらはインド系のメディア。やはりOnePlus 6の現状維持との評価でした。
通りがかり
インド系のメディアは3.5mmジャックにこだわりがち。

価格比較(12月5日更新)

Gearbest

Picture 商品 価格($) クーポン 期限
Gearbest クーポン coupon B19対応OnePlus 6T 8GB RAM 128GB ROM International Version- MIRROR BLACK
$549.99 フラッシュセール 12月10日
Gearbest クーポン coupon B19対応OnePlus 6T 6GB RAM 128GB ROM International Version - MIRROR BLACK
$519.99 フラッシュセール 12月10日

Banggood

Picture 商品リンク 価格($) クーポン 期限
banggoodクーポン B19対応OnePlus 6T
6GB RAM 128GB ROM

$609.29 フラッシュセール

まとめ

前機種とほぼ処理能力が変わらないため、デザインやギミックでしか差別化出来ていないのはOnePlusだけではなく、現状のハイエンドクラスのスマートフォンが抱える悩みかもしれません。またミドルレンジのスマートフォンの機能向上も、ライトユーザー層にはもうこれで十分と思わせるものになってきています。そういう意味ではもう一つブレークするなにかが必要なのでしょう。
なんてわかったようなことを言うのは抜きにしても、OnePlus 6Tはスマートフォンとしては総合的には完成度が高そうで、手にした満足度もあるスマートフォンだと思います。
Khan
わかったようなことを言いたいときってあるよね。
Chris
またOnePlus 7の開発も始まっているでしょう。次はどうなるのか楽しみでもあります。
Khan
恐らくフルディスプレイで5G対応でカメラも増えそうな予感。
通りがかり
こちらからは以上です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下




記事下




関連広告

クーポンまとめに誘導

最新クーポン&セールまとめ

【Gearbest最新使えるクーポン&セール情報まとめ★2018日12月13日更新】使える有効なクーポンとセール情報をまとめました。

もくじ1 注目記事2 今買える!スマートフォンクーポン情報2.1 Xiaomi製品2.1.1 ハイエンド・クラス2.1.2 ミドルレンジ・クラス2.1.3 エントリー・クラス2.1.4 ゲーミングスマ ...

コメントなし

【Banggood使えるクーポン&セール情報★2018年12月11日更新】使える有効クーポンとセール情報まとめました。

もくじ1 Banggoodのクーポンの適用方法2 スマートフォン2.1 Xiaomi2.1.1 ハイエンド2.1.2 ミドルレンジ2.1.3 エントリークラス2.2 人気ブランド2.2.1 OnePl ...

コメントなし

【Gearbest★2018年12月13日クーポン&セール情報】Xiaomi Mi Max 3、MI MIX 2S、OnePlus 6Tや赤いラップトップDERE R9 Proが安くなっています。

もくじ1 フラッシュセール情報1.1 Smartphone/スマートフォン1.2 Laptop PC/ラップトップPC1.3 Tablet/タブレット1.4 Earphones/イヤホン1.5 TV ...

コメントなし

【Banggood最新クーポン&セール情報★2018年12月13日】Redmi Note 6 ProやXiaomi Mi MIX 2S、スマートウォッチなどが安くなっています。

もくじ1 クーポン情報 1.1 スマートフォン1.2 スマートウォッチ2 プロモーション 2.1 7% OFF Site-wide coupon For Xmas Super Sale3 まとめ 注目 ...

コメントなし



記事タイトル下



gearbest ads

投稿記事上リンク広告




  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-スマートフォン
-,

Copyright© ガジェット23(gad23.com) , 2018 All Rights Reserved.