スマートフォン

【OPPO Reno3 A★おサイフケータイに対応】スペック・レビュー・対応バンド・外観・価格などまとめ。

2020年6月16日

概要

OPPO Reno3 Aは中国のスマホメーカーであるOPPOが2020年6月にリリースしたスマートフォンです。

OPPO Reno3 Aのおもなスペック

ポイント

OPPO Reno3 A
Qualcomm Snapdragon 665
ColorOS 7.1(Android10)
6GB+128GB 
6.44inch FHD+ 2400×1080 AMOLED
48MP+8MP+2MP+2MP quad rear camera
16MP selfie camera
Antutu : 100,000~120,000
4025mAh Battery Quick Charge 2.0
おサイフケータイ

スペック詳細を表示
📱Model モデル名
OPPO Reno3 A
Product ID: CPH2013
📶Network ネットワーク
2G: GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
3G: WCDMA: Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G: FDD-LTE  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
       TDD-LTE 38 / 39 / 40 / 41
🖥Platform プラットフォーム
 OS: ColorOS 7.1 (Based on Android 10)
 CPU: Qualcomm Snapdragon 665
📺Display ディスプレイ
Display Size: 6.44 inch
Type: FHD+ 有機EL(AMOLED)
Waterdrop Display
Resolution: 2400×1080 pixels
📷Rear Camera 背面カメラ
Quad camera:
 約4800万画素(f/1.7) + 約800万画素(f/2.2) + 約200万画素(f/2.4) + 約200万画素(f/2.4)
カメラモード: 写真、ビデオ、エキスパート、パノラマ、ポートレート、夜、タイムラプス動画、スローモーション動画など
📷Front Camera/前面カメラ
約1600万画素(f/2.0)
🔋Battery & Charging バッテリー
Battery: 4025mAh
ithium-ion polymer battery
Quick Charge 2.0
USB Type-C
⚖Size & Weight サイズ重量
縦: 160.9mm 横: 74.1mm 厚さ: 8.2mm
重量: 約175g
🌈Color カラー
ホワイト/ブラック

ネットワーク対応は?

日本版はすべてのキャリアに対応しています。
5Gには対応していません。グローバル版などはネットワーク構成が違う可能性があります。

📈Antutuのスコア

Qualcomm Snapdragon 665を搭載していることから10万~12万程度が期待できます。
ハードなゲームは向いていません。
ウェブ閲覧、動画鑑賞、ライン、メール、軽めのゲームなどは問題なく使えそうです。

外観・特徴

超広角レンズ + 4,800万画素、撮りたい物を余裕で撮れる4眼カメラ

景色の作例

4,800万画素の高画質な撮影に加え、超広角レンズでは壮大な景色も1枚に収められます。

広角----標準

ナイトモードも搭載

インカメラもきれい

電子式手ブレ補正で安定した動画撮影


動きながら撮影しても電子式手ブレ補正、独自のアルゴリズム、ジャイロセンサーの組み合わせで、手ブレを補正します。

おサイフケータイに対応

スマートフォン1台で乗り物も、お買い物も、簡単に支払いができるおサイフケータイを搭載しています。

長時間使えるバッテリー

長時間使えるバッテリー4,025mAhを搭載。急速充電 Quick Charge にも対応。

そのほかの特徴

防水防塵(IP68)対応。

速くなったディスプレイ指紋認証。

価格と発売時期

OPPO Reno3 Aの価格は
メーカー希望小売価格が税別で3万6182円、税込みで3万9800円となっています。
日本国内では6月16日15時から予約開始、6月25日に発売となります。

総合評価

Product:OPPO Reno3 A 
Ratings:4.0/5
コストパフォーマンス: 性能: デザイン:

Brand:OPPO

Price:¥39,800
チップセットはやや非力ながらもおサイフケータイに対応しディスプレイも有機EL、カメラはクアッドカメラと普通に使いやすいスマートフォンとなっている。

購入する

Amazon

ひかりTVショッピング

MNO

楽天モバイル 2020年8月下旬以降発売

Yモバイル 2020年8月下旬以降発売

MVNO 

6月下旬以降発売予定

UQモバイル

エキサイトモバイル

IIJmio

LINEモバイル

まとめ

OPPOは日本進出してしばらくたち、かなり日本の市場を学習してきている感があります。
39800円という価格もiPhoneが多い日本では安く感じます。 おサイフケータイに対応、カメラもそこそこの性能、ディスプレイもバッテリーも大きめです。
万人受けするタイプのスマートフォンでしょうね。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST4

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。 エリア外でもそこそこ使えるはず。 サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-スマートフォン
-

© 2020 ガジェット23(gad23.com)