スマートフォン

【Xiaomi Mi Playグローバル版★実機レビュー】5.84インチのミッドレンジSimフリースマートフォンのスペック、特徴、価格のまとめ。

2019年4月22日

概要

中国のスマートフォンXiaomiが2018年の12月に中国国内向けに発表したミッドレンジのスマートフォンXiaomi Mi Playのグローバル版の実機を入手いたしましたので実機レビューをします。日本語も使えるグローバル版は2019年3月にウクライナでリリースされました。今回はGearbestさんよりグローバル版をご提供いただきました。

Xiaomiとは

中華人民共和国北京市に本社を置く2010年4月6日に雷軍(らい・ぐん、レイ・ジュン)によって設立されました。
設立当初はスマートフォンメーカーとして起業されましたが多くの企業に出資し現在では総合家電メーカーとして知られています。スマートフォンメーカーとしては、インドでの躍進がめざましく2017年第3四半期以降はSamsungを抑えて1位となり、世界市場で見ても4位となっています。

Xiaomi Mi Playグローバル版のおもなスペック

ディスプレイ: 5.84 inch, 2280 x 1080 FHD+ Pixel Screen 
CPU: Helio P35 Octa Core 2.3GHz 
GPU: IMG GE8320 680MHz 
System: MIUI 9 
RAM + ROM: 4GB RAM 64GB ROM
Camera: 12.0MP + 12.0MP rear camera + 8.0MP front camera
Sensor: Proximity Sensor, Accelerometer, E-compass, Fingerprint Sensor, Ambient Light Sensor, Gravity Sensor, Magnetic sensor, Face ID, Gyroscope
SIM Card: Nano SIM card + Nano SIM card / TF card 
Feature: GPS, A-GPS, Glonass, Beidou, smart gestures, wake gesture, GPRS
Bluetooth:4.2
サイズ:147.8 x 71.9 x 7.8 mm、150g
バッテリー:3000mAh Built-in

ネットワーク:
GSM B2/B3/B5/B8, CDMA1X BC0
WCDMA B1/B2/B5/B8, TD-SCDMA B34/B39, CDMA EVDO BC0
FDD-LTE B1/B3/B5/B7/B8,TDD-LTE B34/B38/B39/B40/B41

ネットワークの対応は?

ドコモ系SIMでつかえる?

ドコモ系simLTE/3Gともプラチナバンドには非対応。○
4G LTEのB1とB3、3Gの1のみに対応。都市部では普通に使えます。

ソフトバンク系SIMでつかえる?

ソフトバンク・ワイモバイル系sim:LTE/3Gともフル対応で◎
4G LTEはメインバンドのB1、B3、プラチナバンドのB8にフル対応。 3GもB1とB8ににフル対応。

au系SIMでつかえる?

やめたほうが良さそうです。

Antutuのスコアは?

Antutuのスコアは実機で測定すると85723ポイントでした。ミッドレンジのスマートフォンですね。実際に使っていると、もっさり感はあまり感じずスムーズに動いています。メールやライン、WEB閲覧や動画鑑賞などでは困ることはないと思います。また3Dバリバリなハードなゲームなどでなければ普通に使えるレベルでしょう。

搭載されているMediaTek Helio p35はミッドレンジ向けのチップセットです。Snapdragon 625以上Snapdragon 636未満、という評価のようです。

ストレージ

重量

実機の重量を測定すると152.5グラム。公称数字より2グラムほど重かったです。サイズも5.84インチディスプレイと小さく、主流となっている6.2インチオーバーの端末と比べ持ち軽くて持ちやすい、という印象です。

外観・特徴

カメラ

公式サイトにある撮影サンプル

ポートレートモードを使うと背景が綺麗にボケてくれます。ただ、リフォーカスには対応していません。

フロントカメラでセルフィーを撮影するときにはポートレートモードを使うと背景ボケがAI的に作れます。また美顔も0から5までの6段階で設定でき、美白にしたり目を大きくしたりと盛ることが可能です。

Xiaomi Mi Playグローバル版を購入する

中国では毎月10GBが無料で使えるSIMを内蔵したスマホとして1099元(約164ドル)で販売されました。グローバル版は3月後半にウクライナに展開しているようです。
もちろんグローバル版は毎月10GBが無料で使えるSIMを内蔵していません。
B19対応が付いているスマホはドコモもソフトバンク系ともにプラチナバンド対応です。
B8対応はソフトバンク系のプラチナバンドに対応しています。
Picture/
画像
Product/
商品
Price/
価格($)
Coupon/
クーポン
Term(y/m/d)/
期限
Gearbest クーポン couponB8対応Xiaomi Mi Play
Global Version 4GB RAM 64GB ROM
$117.99フラッシュセール 
通りがかり
現時点最安値ですね。もちろん日本語対応しています。

まとめ

現時点でスマートフォンを楽しく使うための機能は必要最低限揃っており、デザイン的にも小ぶりで軽いですがトレンドをきっちり抑えています。そういう意味で手が小さい女性や子供さんなどがメインに使っても全然問題ないレベルだと思います。同じような価格帯で同等以上の満足度を得られるスマートフォンを探すのは困難でしょう。
ガジェット兄さん
あるとすれば同じXiaomiの端末の可能性が高いですね。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST5

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
夏のスマホ大特価キャンペーンでOPPO A5 2020の場合、実質タダ以下。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

BIGLOBEモバイル

ガジェット兄さん
対象端末とセットで契約すると14,500円相当ポイント還元。Redmi Note 9Sが実質8,060円はかなり安い。

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最新クーポン&セールまとめ

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-スマートフォン
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)