スマートフォン

【Xiaomi POCOPHONE F1】液冷テクノロジーを搭載したSnapdragon 845搭載、ノッチ付きスマートフォンのスペック・レビュー、海外レビューや割引クーポン&最安値まとめ。(11/15更新)

投稿日:2018年9月1日 更新日:

【Xiaomi Pocophone F1★実機レビュー】Snapdragon 845を搭載した約300ドルで購入可能な激安ハイエンド・スマートフォンのスペック、特徴、価格のまとめ。(11/20更新)

もくじ1 概要2 Xiaomi POCOPHONE F1のおもなスペック3 ネットワークの対応は?3.1 ドコモ系SIMでつかえる?3.2 ソフトバンク系SIMでつかえる?4 POCOPHONE F1 ...

続きを見る

概要

Xiaomiがおもにインドを中心とした新興国向けに2018年8月にXiaomi POCOPHONE F1を発表しました。インドを中心としたグローバル市場をターゲットとしているだけに最初から日本語にも対応しているグローバル版がリリースされています
またXiaomi POCOPHONE F1のキャッチコピーはMaster of Speed とあり、液冷テクノロジーを搭載した端末のスピードには自信があるということでしょう。
Khan
F1という機種名もスピードに掛けてるんでしょうね。
通りがかり
ただ、Mi8とカブる気がするな。大きなお世話ですけど。

Poco(POCOPHONE)とは?

POCOは中国のスマートフォンメーカーであるXiaomiが新しく立ち上げたスマートフォンのサブブランド。ユニクロに対するGUみたいなもの。サブブランド化する狙いは一般的にはそれぞれのサブブランドのターゲットを明確にしてブランドイメージを確立して市場や売上を拡大する、ということなのでしょう。POCOがブランド名で今回リリースされた機種名はPOCOPHONE F1です。サイトによってはPOCO F1と記述しているところもありますが公式サイトには機種名はPOCOPHONE F1となっておりこちらが正式だと思われます。
Khan
でも、なんでPOCOなんだろうね。

通りがかり
XiaomiがPOCOに込めた思いはわからないけど、音的にバカっぽいね。

source
gizmochinaの読者投稿の欄にも「なんでそんな馬鹿な名前にしたの?人からスマホのブランドを聞かれたらポコフォンっていわなきゃいけないの?恥ずかしすぎる」、的なことが書かれたりしてますね。
通りがかり
たしかにポコって!って思いましたけどね。

Xiaomi POCOPHONE F1のスペック・レビュー

  • ディスプレイ: 6.18 インチ 2246 x 1080 Pixel Screen 縦横比18.7:9
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 845 2.8GHz 液冷テクノロジー(LiquidCool Technology)
  • RAM+ROM:8GB+256GB / 6GB+128GB / 6GB+64GB
  • OS:MIUI for POCO(Android 8.1、2018年4QにAndroid 9にアップデート予定)
  • SIM:Nano SIM card + Nano SIM card / micro SD card
  • リアカメラ:12.0MP + 5.0MP AI dual rear cameras
  • フロントカメラ:20.0MP AI camera
  • センサー: Proximity Sensor, Accelerometer, E-compass, Fingerprint Sensor, Ambient Light Sensor, Gravity Sensor, Hall Sensor
  • サイズ:寸法:155.5x75.2x8.8mm; 重さ:182g
  • コネクティビティ:USB type-C、3.5mm audio port、WIFI: 802.11a/b/g/n/ac wireless internet Wireless Connectivity: 3G,4G,A-GPS,Bluetooth 5.0,GPS,GSM,WiFi
  • ネットワーク
    2G: GSM: B2 / B3 / B5 / B8
    3G: WCDMA: B1 / 2 / 5 / 8
    4G: FDD-LTE: B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20, TDD-LTE: B38 / 40 / 41
  • バッテリー:4000mAh

ドコモ系simLTE/3Gともプラチナバンドには非対応。○
4G LTEのB1とB3、3Gの1のみに対応。都市部では普通に使えます。

ソフトバンク・ワイモバイル系sim:LTE/3Gとも必須バンドに対応。◎
4G LTEはメインバンドのB1、B3、プラチナバンドのB8に対応。 3GもB1とB8にに対応。

通りがかり
ソフトバンク系だとバッチリです。

外観・デザイン

Xiaomi POCOPHONE F1は6.18インチのノッチ付きIPS LCDディスプレイを搭載。ディスプレイは最高500ニツトの明るさと1500:1の高いコントラスト比を提供、Gorilla Glassによって保護されています。

Xiaomi POCOPHONE F1のノッチには、赤外線レンズ、赤外線照明、近接センサー、イヤホン、フロントカメラなど、必要なすべてのコンポーネントを搭載。暗くてもロックを解除できる赤外線フェイスロック解除機能は、わずか0.4秒でロックを解除することができます。POCOPHONE F1の背面パネルには、指紋スキャナーも装備されています。
POCOPHONE F1のノッチ付きディスプレイは、2246×1080の解像度とアスペクト比18.7:9となります。コストを低く抑えるために、内部フレーム構造で補強されたハードコートされたポリカーボネートユニボディが採用されています。
カラーバリエーションには、グラファイトブラック、スチールブルー、ロッソレッドの3色が用意されています。防弾チョッキを作るために使用される耐久性の高い材料であるケブラーアラミド繊維で作られたArmored Editionというスペシャルバージョンも用意されています。。

パフォーマンス

Master of SpeedのキャッチフレーズをもつXiaomi POCOPHONE F1は、Snapdragon 845と最大8GBのLPDDR4X RAMを搭載しています。インドで開催されたPOCOPHONE F1のお披露目イベントでは、AnTuTuベンチマークスコアが、291302という驚異的な記録を達成したことが報告されています
通りがかり
Antutuのスコアは291302ポイントとTwitterでも言ってますね。
POCOPHONE F1ではSoCの上に銅製のヒートシンクを配置してスマートフォンの発熱を分散させています。、また同時に液冷テクノロジー(LiquidCool technology)が搭載されているため、スマートフォンの温度上昇を抑えピークの性能を維持することができます。POCOPHONE F1には、Quick Charge 3.0をサポートする4,000mAhのバッテリーが搭載されています。これにより8時間のゲーム、約6時間のFHDビデオ再生、約31時間の通話時間、および15日間のスタンバイが可能となっています。
通りがかり
Quick Charge 3.0は超急速充電なのでこれは嬉しい。

リアカメラ

12メガピクセルのSony IMX363センサーと 5メガピクセルのサムソンセンサーを組み合わせたAIデュアルカメラは、メインレンズにデュアルピクセルオートフォーカスと1.4μmピクセルセンサーを搭載し、低照度な条件でも焦点を迅速に合わせ、写真の明るさと品質を向上させます。

フロントカメラ

20メガピクセルのフロントカメラは搭載されたAIの強力な解析機能と、2μmの大画素(4-in-1 Super Pixel)技術が、より明瞭で明るいスナップショットが可能です。 AI Beautify 4.0と正確なボケ効果は、スタジオキャンバスの前で撮影されたように見えます。
通りがかり
フロントもリアもカメラはAIにまかせれば簡単にきれいな写真が撮れるってことですね。

MIUI for POCO

MIUI for POCOMIUIPOCOPHONE向けに、より軽く、より速く、よりスムーズに改良したものです。スワイプ感度を高め、アプリのスタートアップを加速します。そして、POCOPHONE LauncherのカスタマイズされたApp Drawerはすべてのアプリを簡単に検索できるようにインテリジェントに分類します。
MIUI for POCOは、Googleからの定期的なパッチやアップデートによりセキュリティを保護します。
通りがかり
セキュリティ面は嬉しいね。

コネクティビティ

POCOPHONE F1で利用可能な接続機能は、VoLTE、Wi-Fi 802.11ac、Bluetooth 5.0、GPS、USB-C、3.5mmオーディオジャックがあります。また、Dirac HD SoundとデュアルSmart PAを装備し、素晴らしいオーディオ体験を実現します。

海外の評価

androidpit.com

Khan
ドイツのベルリンを拠点としたIT系メディアandroidpit.comによると、、
現時点では、予算が約350ドルであれば、Pocophone F1と同じ範囲の他のスマートフォンを比較する必要はありません。それを購入するだけです!
PocophoneとXiaomiは、最大のパフォーマンスと低価格で新しいカテゴリのスマートフォンを作成し、不要な追加料金を放棄しました。この優秀な例は他の多くの人が願っています。

deccanchronicle.com

Khan
deccanchronicle.comによると、、
POCO F1は、かつてOnePlusにタグ付けされていたタグである、本物のフラッグシップ・キラーである。これは、50k +以上のコストを要する電話機に搭載された液体冷却技術を搭載した卓越したSD845チップセットを提供していること。仕様だけでなく、F1は、最近の高価なフラッグシップ機が提供している驚くほど速いパフォーマンスを保証します。これに4000mAhの大容量バッテリと滑らかなOSを追加すると、特に格安の価格を考慮すると、すべてが魅力的になり始めます。
しかし、POCOのコスト削減努力は明白である - 普通のプラスチック製のビルド、わずかに平均以上のディスプレイとカメラ性能は、それがアッパーミッドレンジのスマートフォンであることを思い出させる。セグメント指向のOnePlus 6と比較すると、間違いなく魅力が劣ると感じています。しかし、OnePlus 6やZenfone 5z、あるいはサムスンのようなフラッグシップと比べて、F1が同様のパフォーマンスであり、しかもお財布に傷つけずに提供できることを考慮すれば、それを正当化するかどうか疑問に思うでしょうか?

digit.in

Khan
digit.inによると、、
Poco F1は、フードの下に旗艦ハードウェアがありますが、他のすべてのミッドレンジがあります。カメラ、ビルド、デザイン、ディスプレイは、2018年のより高価なフラッグシップに追いつけません。しかし、現実的な端末をあなたが格安で探しているものなら、これ以上はありません。今はソフトウェアがバグで詰まっていて、カメラがGalaxyS9やOnePlus 6とは肩を並べられないのが分かります。長持ちする丈夫な構造と、おそらく最も長いバッテリー寿命、Snapdragon 845を搭載したスマートフォン しかし、20,999ルピー(約295ドル)では、これ以上のものはない。
Khan
やすい端末でコスパは高いけども、端末としての魅力はあるのか?という点で意見が分かれそうですね。
通りがかり
速い!ことを優先するのか?デザインか?まあそれでもこの300ドル台でっていう低価格は魅力的ですよね。

動画

公式開封動画(上)と開封&レビュー動画(中)とOneplus6とのカメラ比較動画(下)です。そんなに悪くないです。写真もOneplus6より良い場合もあるし動画の手ぶれ補正もそこそこ効いてますね。
通りがかり
Xiaomiのこれまでの技術の蓄積があるから、その点は安心感がある。

赤もまもなく登場予定(2018年10月9日追記)

POCO Indiaの公式Twitterによると、まもなく赤バージョン(Rosso Red)が登場するようです。
赤バージョンは出し惜しみする場合が多いですよね。

価格比較(11/15更新)

Gearbest

レッドが欲しんだけど。
Picture 商品リンク 価格($) クーポン 期限
Gearbest クーポン coupon B8対応Xiaomi Pocophone F1
6GB RAM 64GB ROM

$279.99 フラッシュセール 11月17日
Gearbest クーポン coupon B8対応Xiaomi POCOPHONE F1
6GB RAM 128GB ROM Global Version

$369.99 フラッシュセール
Gearbest クーポン coupon B8対応Xiaomi Pocophone F1
8GB RAM 256GB ROM
Arrival Notice    

BANGGOOD

Picture 商品リンク 価格($) クーポン 期限
banggoodクーポン B8対応Xiaomi Pocophone F1 Global Version
6GB RAM 64GB ROM
$298.99 1111F164 11月30日
banggoodクーポン B8対応Xiaomi Pocophone F1 Global Version
6GB RAM 128GB ROM
$385.99
banggoodクーポン B8対応Xiaomi Pocophone F1
8GB RAM 256GB ROM
Alert Me On Arrival    

アマゾン

まとめ

スピードだけに特化してCPUは贅沢にスナドラ845を使って、他の部分をできるだけコストカットをしてスペック的にハイエンドだけどかなり安く提供する、超コスパが高いスマホ、といった印象のPocophone F1です。F1が出たばかりですが、次はF2となるのでしょうか?外観の好みは個人差があるような気がしますが、個人的には赤ですね。
Gearbestの64GBはレッドが選べるようになったようで、他も追随しそうです。
【Xiaomi Pocophone F1★実機レビュー】Snapdragon 845を搭載した約300ドルで購入可能な激安ハイエンド・スマートフォンのスペック、特徴、価格のまとめ。(11/20更新)

もくじ1 概要2 Xiaomi POCOPHONE F1のおもなスペック3 ネットワークの対応は?3.1 ドコモ系SIMでつかえる?3.2 ソフトバンク系SIMでつかえる?4 POCOPHONE F1 ...

続きを見る

通りがかり
こちらからは以上です。

記事下




記事下




関連広告

クーポンまとめに誘導

最新クーポンまとめ

【Gearbest最新使えるクーポン&セール情報まとめ★2018日11月21日更新】使える有効なクーポンとセール情報をまとめました。

もくじ1 注目記事2 今買えるイチオシ!スマホ3 今買えるイチオシ!ラップトップPC3.1 日本向けクーポンページ4 まとめ 注目記事 注目記事 今買えるイチオシ!スマホ 今買えるイチオシ!ラップトッ ...

続きを見る


【Banggood使えるクーポン&セール情報★2018年11月20日更新】使える有効クーポンとセール情報まとめました。

もくじ1 Banggoodのクーポンの適用方法2 スマートフォン3 PC・タブレット4 プロモーション・セール4.1 Smart Device & Brand Flagship Shock Time ...

続きを見る


通りがかり
GEARBESTとBANGGOODの
クーポンやセール情報をほぼ毎日まとめて更新しています。見てってくださいね。

記事タイトル下



  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

-スマートフォン
-, , ,

Copyright© ガジェット23(gad23.com) , 2018 All Rights Reserved.