スマートフォン

【Xiaomi Redmi Note 6 Pro★実機レビュー】前面背面ともにデュアルカメラ・Snapdragon636を搭載したノッチが付いたミドルレンジスマホの実機レビュー、特徴、Redmi Note 5との比較、価格などをまとめました。

2018年9月27日

概要

中国のスマートフォン・メーカーXiaomiRedmi Noteシリーズの最新機種、Redmi Note 6 Proをリリースしたようです。このスマホは現時点で大々的な発表はありませんが、既に一部のECサイトには登場し、最初からグローバル版対応していることから、中国国内よりも海外向けの端末のようです。また以前、インドで発表したRedmi Note 5 Proはその後に若干の仕様を変えて中国国内でRedmi Note 5としてリリースされてこともあり、このあとの展開も個人的には気になるところです。

Xiaomi Redmi Note 6 Proのスペックレビュー

  • ディスプレイ:6.26インチ 2280 x 1080
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 636 1.8GHz,Octa Core
  • RAM+ROM:3GB RAM 32GB ROM / 4GB RAM 64GB ROM
  • OS:MIUI 9
  • SIM:Dual Nano SIM,Micro SIM Card
  • リアカメラ:12.0MP + 5.0MP
  • フロントカメラ:20.0MP + 2.0MP
  • センサー:Accelerometer,Ambient Light Sensor,E-Compass,Gyroscope,Hall Sensor,Infrared Radiation,Proximity Sensor
  • サイズ:寸法:157.9 x 76.3 x 8.2 mm; 重さ: 182g
  • コネクティビティ:1 x Nano SIM Card Slot,3.5mm Audio Out Port,Micophone,Micro USB Slot,Nano SIM / Micro SD Slot
  • ネットワーク
    2G:GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
    3G:WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 8
    4G:FDD-LTE: B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20
    4G:TD-LTE: B38 / 40
  • バッテリー:4000mAh 

ドコモ系simLTE/3Gともプラチナバンドには非対応。○
4G LTEのB1とB3、3Gの1のみに対応。都市部では普通に使えます。

ソフトバンク・ワイモバイル系sim:LTE/3Gとも必須バンドに対応。◎
4G LTEはメインバンドのB1、B3、プラチナバンドのB8に対応。 3GもB1とB8にに対応。

通りがかり
同じようなネットワーク設定のMi A1をドコモ系のsimで使ってましたが都内で普通に使えてましたよ。

パフォーマンス

kimovil.comによるとXiaomi Redmi Note 6 ProのAntutuのスコアは115991となっています。Snapdragon 636を搭載していることからもミッド・ハイレンジのスマートフォンと言えるでしょう。
この性能であればLINEやメール、SNSはもちろんWEB閲覧やYoutubeなどの動画の視聴からゲームまで快適に利用できますね。

外観

Xiaomi Redmi Note 6 Proブラック、ピンク、デニムブルーの3色が用意されています。
ディスプレイは6.26インチIPS LCDディスプレイで、18:9のアスペクト比、2160×1080ピクセルのFHD+は86%の占有率となっており、全体的に最近のトレンドに則ったXiaomiらしいシンプルなデザインとなっています。
通りがかり
もしかしたらレッドもあるかもね。
Khan
Redmi Note 5が5.99インチなのでディスプレイが少し大きくなったのね。

カメラ

Xiaomi Redmi Note 6 Proのカメラは前後ともにデュアルカメラを搭載、すなわちクアッドカメラということになります。
背面のカメラは12.0MP + 5.0MP のAIデュアルカメラ。mxphoneさんのTweetによると27カテゴリー、206シーンを判別し、最適化するようです。
また、フロントのカメラも20.0MP + 2.0MPのAIデュアルカメラ。20.0MPのメインカメラはsuperpixelとなっておりセンサーの画素あたりのサイズが大きく明るいきれいな写真が撮れるようです。また、顔認証にも対応しています。
通りがかり
このあたりはXiaomiのカメラの定番のシステムで安定感さえ感じます。

バッテリー

Redmi Note 6 Proには大容量の4000mAhバッテリーが採用されています。最大34時間の音楽再生、最大6時間のゲーム、フルHDビデオを最大8.5時間。最大19時間の通話ができ、2日の待受が可能です。

2018年9月28日追記

mxphoneさんのTweetはタイで開催されているMOBILE EXPO 2018の中での発表会(割とこじんまりとしてる感あふれますが、、)の様子をリアルタイムでつぶやいておられたもののようです。その内容が記事になっているのが上のリンクです。タイ語はさっぱりわかりませんが、現時点では、タイの公式サイトには新製品としてはまだアップされておらずコミュニティに情報がアップされています。写真サンプルは下のような感じで、安定のXiaomi品質ですね。

source

動画

既に動画がインド系とおもわれるYoutuberにアップされています。恐らくプロモーション目的でメーカー、あるいはECサイトから渡った案件ではないかと思われます。
通りがかり
全然違う経緯かもしれませんけどね。妄想です。

Redmi Note 5との比較(2018年9月28日追記)

また、前機種であるRedmi Note 5との比較の図も先程のコミュニティにありました。

ディスプレイがノッチを採用したために縦横比が19:9となりインチ数も増えています。またカメラが前後ともにデュアルカメラになりAI化しています。

スペック的には本体のサイズは
Redmi Note 5158.6 x 75.4 x 8.1 mm
Redmi Note 6 Pro157.9 x 76.4 x 8.2 mmとなっています。

このことから本体の縦は少し縮んで、横と暑さが少し増えた、と言えるでしょう。というか、あまり変わっていない。

重さはサイトによって違う情報があったりするので書きませんが、ほぼほぼ同じくらいでだいたい180グラム前後が本当のところではないかと思われます。(スペック表の重さはGearbestのもので160グラムとありますが、軽すぎる疑惑、、)

通りがかり
5.99インチから6.26インチになると、かなり大きくなった印象を受けますが、そんなこたぁねえ、ということですね。

実機レビュー(2018年10月14日追記)

ガジェット兄さん
結構コスパが高いなと気になったので購入しました。結論から言うとかなりコスパが高くて良いです。それほどガシガシゲームに使うとかではないなら全然満足すると思いますよ。

外観

Redmi Note 6 Proの箱はオレンジ色で鮮やかです。多少輸送で箱が凸凹するのはいつものことなので気にしません。

中に入っているのはRedmi Note 6 Pro端末本体と充電器、simピン、USBケーブル、透明なケース。説明書は英語でした。ちなみにカラーバリエーションはRose Goldです。赤も近々出るようです。

重さをはかると182グラムGearbestのスペックでは160グラムとなっていますがBanggoodでは182グラムとなっていますね。軽くはないけどサイズ感と合わせて手にしっくりきます。

Mi Mix 2Sと並べてみました。右がRedmi Note 6 Proです。ディスプレイが大きく縦にちょっとだけ長いです。

起動すると、こんな感じです。MIUIはバージョン9です。

フロント側にもカメラが2つあるデュアルカメラであることがわかります。

背面には左上にカメラが2つデュアルカメラが縦に並び、中央に指紋センサーが配置されています。Simスロットは左側面上側にあり、USBはMicro USBとなっています。
通りがかり
質感はさすがのXiaomiクオリティで安定感があります。

ANTUTUの実測値

ANTUTUの実測値は117171となりました。kimovil.comによるAntutuのスコアは115991となっていますが、若干上回った感じですね。まあこれはその時の温度やメモリー容量でも若干変わるものなので想定内の数値です。Snapdragon 636を搭載しておりミッド・ハイレンジのスマートフォンと言えるでしょう。

カメラ

インターフェース

Redmi Note 6 Proのカメラアプリのインターフェースは上のようです。左がリアカメラで右がフロントカメラです。どちらも、ほぼインターフェースは同じでフロントカメラには美顔AIのアイコン(マルの中に★)があり、美顔の程度が5段階で選べたり、小顔にしたりすることが出来ます。

ちなみにこれがフロント側のカメラで自撮りしたもの。ポートレードモードで美顔AIは5段階で最大に効かせています。あまり詳しくは言えませんがかなり効果がある、と思います。
ガジェット兄さん
なるほどね。

写真サンプル(フォトショップで縮小したものです)

いつものペコちゃんとルービックキューブ。

神社の灯籠をポートレートモードで撮ると背景がいい感じでボケます。

曇りがちでしたが花もきれいに。かなりビビッドな感じになりました。

個人的に一番よく使うと思うのが料理の写真。AIカメラで自動的に最適化してくれてとても美味しそうです。

夜の街、新宿。もっと暗く映るかなと思ったけど予想以上に綺麗で、少し驚きました。

新宿ゴールデン街。

かなり暗いバーで。もっとノイジーになるかと思いましたが、これなら良いよね。

誰から誰に対するメッセージなんでしょうね。さすがゴールデン街。といささか主旨から離れてしまいました。

動画の手ぶれ補正を試してみた

50秒位からです。結構手ぶれ補正が効いている気がしますね。あまり私は動画とらないけど、良さそうです。
ガジェット兄さん
この価格でこのカメラのクオリティなら、もうこれで良いんじゃない?と思っちゃいます。もう少しレビューのために触りますが、その後は嫁スマホに昇格予定です。

価格比較(2018年12月15日更新)

Gearbest

Picture商品リンク価格($)クーポン期限
Gearbest クーポン couponB8対応Xiaomi Redmi Note 6 Pro
Global Version 3GB RAM 32GB ROM
$157.99GBMPO9IJ2018/12/20
Gearbest クーポン couponB8対応Xiaomi Redmi Note 6 Pro
4GB RAM 64GB ROM Global Version - BLACK
$189.99GBMPLK2018/12/20

Banggood

Picture商品リンク価格($)クーポン期限
banggoodクーポンB8対応Xiaomi Redmi Note 6 Pro Global Version 3GB RAM 32GB ROM $165.8912BGN6CL22018-12-31
banggoodクーポンB8対応Xiaomi Redmi Note 6 Pro Global Version 4GB RAM 64GB ROM $195.73BGR6CL32018-12-31

Banggood★Redmi Note 6 Proセール

セールは終了しました。

期間:10月15日まで
Xiaomi Redmi Note 6 Pro(3GB RAM 32GB ROM)が179.99ドル
Xiaomi Redmi Note 6 Pro(4GB RAM 64GB ROM)が218.99ドル
通りがかり
そこそこ安くなってますよね。

さらに、Xiaomi Redmi Note 6 Pro(3GB RAM 32GB ROM)Xiaomi Mi band 3(International Version)を同時に買うとXiaomi Mi band 3が通常32.99ドルのところ26.99ドルと、少しお安くなるなる抱き合わせセールwも実施中です。

Xiaomi Redmi Note 6 Pro(3GB RAM 32GB ROM)の販売ページの左下のところをUnbeatable Packageを選んで、右下のAdd To Cart をクリックするとこの抱き合わせ商法を利用して安く買うことが可能です。
通りがかり
ちょいとわかりにくですね。数に限りはありますからね。
セール会場はこちら

まとめ

まだあまり情報が出ていないうちからいろんなECサイトに登場したXiaomi Redmi Note 6 Proですが、Redmi Note 5とおなじCPUであるSnapdragon636を採用したり、USBをMICROにしたりしてコストを削ってはいますが、全体的にはXiaomiらしい安定したコスパが高いスマートフォンに仕上がっているのではないでしょうか?最初からグローバル版で日本語で使えるのも嬉しいですね。また情報が入りましたら追記していきますね。
ガジェット兄さん
かなり気に入りました。外観的に取り立てて特徴はありませんがXiaomiクオリティでコスパは抜群です。
通りがかり
こちらからは以上です。

Sim広告 クーポンまとめ

中華スマホファン的視点で選んだ携帯キャリアBEST5

楽天モバイル

ガジェット兄さん
先着300万人につき1年間無料。
楽天エリア内ならすぐやるべき。
夏のスマホ大特価キャンペーンでOPPO A5 2020の場合、実質タダ以下。
サブ用で1年無料で使ってみるのがオススメ。

Yモバイル

Chris
中華スマホはだいたいB8をサポートしているのでソフトバンク系のsimと相性が最高
中でもYモバイルは速度もある程度キープしているのでメインでもサブでも使えます。

BIGLOBEモバイル

ガジェット兄さん
対象端末とセットで契約すると14,500円相当ポイント還元。Redmi Note 9Sが実質8,060円はかなり安い。

OCNモバイルONE

XiaomiOPPOスマホセットが安すぎるキャンペーンを狙うべし。 

エキサイトモバイル

1つの契約で最大5枚のSIM利用可能。
最低利用期間なし( 2年縛りなし)
データ通信専用SIMならいつでも解約OK。
中華スマホ複数台持ちにオススメ。

最新クーポン&セールまとめ

最近のコメント

  • この記事を書いた人

管理人

こんにちは。ゲームアプリやゲームサイトの運営・企画などをしてきましたが、最近は中華スマホの成長の速さに惹かれてこのサイトを立ち上げました。

読まれている記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

-スマートフォン
-,

© 2020 ガジェット23(gad23.com)